用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

腰の痛みと足のしびれを訴え来院(40代女性)

40歳女性 会社員 用賀在住

 

 【腰の痛みと足のしびれを訴え来院】

1週間前に階段で滑ってしまい腰をぶつけ、腰痛になってしまった。

一応整形外科で診てもらったが、骨には問題はないと言われたので安静にしていたがあまり良くならない。今ではだんだん足のしびれも感じるようになってきている。

特に身体を前にかがめる動きは辛いので、ベットから起き上がるのも苦労する。

心配になりネットで調べた結果、当院のHPに似たような症状が載っていたため来院された。

 

【初診時の状態】

・腰部前屈で症状が悪化

・殿部からふくらはぎにかけてのしびれ

・腰方形筋、殿筋群、ハムストリングの緊張と圧痛

・腰部と骨盤の可動性の低下

 

 【施術の経過】

初回は骨盤の調整をメインに殿筋群の緩和操作も併せて行った。2回目は骨盤の調整に加えて腰部の動きと周辺の筋バランスを整えた。

3回目の来院時には腰の痛みと足のしびれはほとんどなくなっていたので、様子を見ながら治療間隔を伸ばし月1回のメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

このケースは仙腸関節症候群といわれるものだったようです。

原因としては腰を痛めたことで骨盤に負担が強くかかり、腰痛としびれが出ていました。

今回は腰を打ったという外傷がありましたが、姿勢の悪さや長時間の作業などの慢性的な負担でもなる場合があります。

こういった症状でお悩みの方は是非スパイナルケアにご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

肩こりと腕の張りを訴え来院(30代女性)

30歳女性 会社員 用賀在住

 

 【肩こりと腕の張りを訴え来院】

半年前から肩こりを感じるようになり、徐々に肩から腕にかけての張りも強くなってきている。

ここのところ仕事が忙しく疲れがたまっているのでマッサージやストレッチをしてみるが、あまり効果がなく膜が張っているような状態が続いていて辛い。

昔から冷え性なので、肩こりは血行の悪さも原因かもしれないとの事

 

【初診時の状態】

・肩の挙上で痛みあり

・上部僧帽筋、肩甲挙筋、三角筋の緊張と圧痛

・頚部と胸椎の可動性の低下

・肩甲骨周辺の筋緊張と可動制限

 

【施術の経過】

初回は肩回りの筋肉の状態をチェックし、筋膜の癒着がみられたので筋膜リリースを行った。2回目は背骨と肩甲骨の調整を追加して、肩関節にかかる負担を軽減させた。

3回目の来院時には肩の可動域も広がり、肩から腕にかけての張りもなくなっていたので自宅で出来るエクササイズをメインに月に一度のメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースは肩の筋膜の癒着が原因だったようです。

仕事が忙しく長時間同じ姿勢を取り続けると筋繊維の微細損傷に加え血行不良が重なり筋膜の癒着につながります。

なかなか取れない筋肉の張りや痛みなどは筋膜の問題が隠れている事が良くありますので、お悩みのかたは是非ご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰の痛みと背中の違和感を訴え来院(30代男性)

30歳男性 会社員 用賀在住

 

 【腰の痛みと背中の違和感を訴え来院】

2~3ヶ月前から腰の痛みが強くなり、最近では背中にも違和感を感じるようになった。

長時間座ってから、立ち上がる時が辛い。朝起きたときにも痛みを感じる時がある。

学生時代にはラグビーをやっていて怪我も多かったので、慢性的に腰の違和感があった。仕事はデスクワークで、ここ10年は身体を動かす機会もないため、運動不足が原因かもしれないと思っている。

 

【初診時の状態】

・かがむ動作と座り立ちで腰痛が出る

・大腰筋、腰方形筋、中殿筋の緊張と圧痛

・腰椎と骨盤の可動性低下

 

【施術の経過】

初回は腰を支える筋肉のバランスと腰椎の動きをチェックし、背骨の調整を行った。

2回目は腰のストレッチやエクササイズを追加して、主に体幹のトレーニングを自宅でも実践していただいた。

5回目の来院時には身体の可動域も広がり、腰痛を感じなくなっていた。自宅で身体を動かすようになったので、運動不足も解消され、腰だけでなく身体全体の調子が良くなった。

現在は自宅でのエクササイズをメインにして月に一度のメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回は腰の筋肉のバランスが崩れたことによって、症状が酷くなっていたようです。

仕事がデスクワークで運動不足の方は、主に腹筋(インナーマッスル)と背筋が弱くなります。そうなると体幹を支えられず腰に負担が集中します。

負担を軽減するためには姿勢の矯正と体幹のトレーニングが必要で、さらにエクササイズを続けることで腰痛の再発予防にもなります。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

肩甲骨から背中にかけての張りを訴え来院(30代女性)

0歳女性 会社員 用賀在住


 【肩甲骨から背中にかけての張りを訴え来院】

一週間まえから肩甲骨回りと背中の張りが辛く、仕事にも集中できない状態。

もともと慢性的に背中の凝りを感じていて、10年前くらいに整形外科で側弯症があって、症状の原因かもしれないと言われている。

その時は側弯の角度は小さかったためそのまま放置していた。

普段はマッサージなどでその場しのぎをしていたが、すぐに元に戻ってしまうので根本的に改善したいと思い当院に来院された。

 

【初診時の状態】

・胸椎の右凸側弯

・菱形筋、中部僧帽筋、脊柱起立筋の緊張と圧痛

・胸椎と肩甲骨の可動性低下

・結滞動作で痛みが出ることがある

 

【施術の経過】

初回は胸椎の側弯に関わる筋肉や背骨の調節をメインに身体の可動域と筋肉のバランスを整えた。

長年の身体の癖が強かったため、エクササイズを行い肩甲骨をなるべく動かすようにしてもらった。

4回目の来院時には側弯の角度が少なくなり、身体の可動域と筋肉の状態はかなり良くなり、7回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていたため、月に一度のメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

側弯は大きく2つのタイプに分けられます。

   構造性側弯

骨の形が変形して背骨がカーブしている状態です。

治療して完全に治すことはできませんが、進行をおくらせたりして症状を和らげることができたりします。

   機能性側弯

左右の筋肉のアンバランスや背骨の歪みなどで、起こる側弯です。

身体はなるべくまっすぐに保とうとするので、ゆがんでいる部分をかばってしまい側弯しているように見えてしまいます。

そのため、身体のバランスを整えてあげると良くなることが多いタイプです。

今回は機能性側弯の要素が強かったため、症状の改善がみられるケースでした。

側弯でお悩みの方は是非スパイナルケア用賀にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

首の痛み、頭痛など(スマホ症候群)を訴え来院 (40代女性)

45歳 女性 用賀在住

 

【首の痛み、頭痛を訴え来院】

2週間前くらいから、首の痛みや頭痛がつらい。もともと酷い肩こりや偏頭痛があるが、これほど続くことは初めて。また頭痛の痛さもいつものものとは違い、頭の周囲が締め付けられるような痛みが強い。首については、特に上を向く今までにない痛みを伴う。運動を心掛け、ここ1年くらいは週2,3回軽いジョギングを行うようにしている。主婦なので普通に家事は行うが長時間デスクワークなどはしていない。他に気になることといえば、1か月くらい前に携帯をスマートフォンに変更したため、慣れない操作で目が疲れている。腕のしびれなどは特にない。

 

【初診時の症状と所見】

姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 肩の前方巻き込み

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 頸の伸展(上を向く)の動きが少なく、痛みを誘発

 

触診

- 後頭下筋群の強い緊張

- 胸鎖乳突筋、脊柱起立筋の緊張

- 頸椎、胸椎の屈曲変位、伸展制限、スプリング低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の2回は、頸部を中心に治療。頸部全体の筋肉の硬直、特に後頭下筋群と胸鎖乳突筋がっちり固まっていたので、癒着をはがす筋膜治療と頸部の関節に対する治療をしっかり行った。2週間後の3回目の来院時に、初回のつらさの7割減だったので、続けて同様の治療を行った。1か月後の6回目の来院時には、頸の痛み、頭痛(締めつけ感)などは完全に消失。頭の位置、顎の挙上は回復してきたいたが、姿勢(背骨の湾曲と肩の前方巻き込み)がまだ改善されていないため、姿勢矯正とメンテナンスを目的として現在は1/2週のペースで来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

本症状は、長時間のデスクワークや緊張が継続するハードワークを行うビジネスマンの方に多い症状です。日常生活において、そのような心当たりがまるでないにもかかわらず、このような症状が表れた場合は、「スマホ症候群」である可能性が高いです。慣れないスマートフォン操作が身体に悪影響を及ぼした可能性がございます。頭の重さは約6Kg。例え慣れていても、眼も酷使した状態で長時間下を向いてのスマホ操作は、今までに経験したことのない様々な症状を誘発する恐れがあります。20分以上の連続は操作はなるべく控え、下を見すぎないような工夫することが大切です。治療と身体の使い方をご説明さしあげますので、本件のようなつらい症状がある場合は当院へご相談ください。

 

 

 

 

身体の疲労感と頭痛を訴え来院(40代女性)


40歳 女性 用賀在住

 

【全身の疲労感と頭痛を訴え来院】

1ヶ月前から身体の疲労感を強く感じるようになった。

睡眠不足のせいか、夕方になってくると強い眠気に襲われることもある。もともとあった頭痛も頻度が増えてきているため心配。

数年前から体重増加が気になりはじめたため、2ヶ月前から健康のためにダイエットを始め、食事回数を減らし(12回)、ウォーキングも11時間やるようにしているので、調子が良くならないのはおかしいと思い当院に来院されたという。

 

【初診時の状態】

・疲労感と眠気のためか、検査中に寝てしまった。

・上部僧帽筋、脊柱起立筋の緊張と圧痛

・頚椎と胸椎の可動性低下

・身体を丸くするような猫背姿勢

 

【施術の経過】

初回は免疫系に関わる頭蓋や背骨の調節をメインに身体の可動域と筋肉のバランスを整えた。

さらに本人のダイエットのやり方を問診し、食事・運動の問題点を指導した。

運動、食事方法が変わった影響で、3回目の来院時には夕方の眠気や頭痛の頻度も減り、疲労感も少なくなってきたという。

その後、6回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていたため、月に一度のメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回の疲労感と頭痛は低血糖が深く関わっていたようです。

低血糖とは血液中に糖分が少なくなっている状態で、その状態が続くと脳に栄養を送ろうと交感神経が働き血管収縮がおこるため、頭痛・めまい、疲労感などの様々な症状を起こすことがあります。

原因は食事の仕方(急激な糖分の過剰摂取や食生活が不規則)やストレス(仕事が忙しく睡眠時間が短い)などのものがあります。

今回のケースのようにダイエットをすることで糖分の制限や空腹時の運動でも低血糖になりやすくなるため注意が必要です。

 

肩の痛みで腕が上がらなくなったため来院(30代女性)

35歳女性 会社員 用賀在住

 

【肩の痛みで腕が上がらなくなったため来院】

2週間前から肩の痛みが強くなり、だんだんと肩の動きが少なくなった。

今では腕を上げようとすると痛みがあるため、なるべく動かさないようにしている。

このまま症状が酷くなると仕事にも支障が出るため、すごく心配になり整形外科で診てもらったところ肩に異常はないと言われた。

そのため自宅の近くにあるスパイナルケア用賀に来院された。

 

【初診時の状態】

・肩の挙上・外転により痛みの誘発

・三角筋、肩甲下筋、棘下筋の緊張と圧痛

・頚椎、胸椎の関節の可動性低下

・猫背姿勢

 

【施術後の経過】

初回は肩の可動範囲に注意しながら肩甲骨と肩の挙上に使われる筋肉の治療をメインに行った。

2回目からは肩の筋肉の調整に加えて猫背姿勢の改善を行って肩の可動域をチェックしてみると、肩を上げるのは良いが、横に広げるのはまだ辛い状態。

3回目の治療後にはかなり腕を上げられるようになっていたので、自宅でのエクササイズも追加した。

5回目には症状が改善していたので、治療間隔を開けてメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

四十肩は別名「肩関節周囲炎」といわれ、肩関節内部や周囲の筋肉に炎症が起こっている状態です。ですがX線や画像診断では肩関節の異常を発見することはできません。そのため実際に触診をして損傷部位を特定して的確に治療をする必要があります。

今回のケースは肩周囲の筋肉の癒着に猫背姿勢からくる肩甲骨の固さが合わさったことで肩の痛みがあって腕が上がらないという状態になっていました。

こういった肩の問題でお悩みの方はぜひスパイナルケア用賀にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

首の後ろ、後頭部の痛みを訴え来院 (30代女性)

38歳 女性 溝の口在住

 

首の後ろから後頭部の痛みを訴え来院 】

首の後ろから頭の後面にかけてぴりぴりと痛む。特に夕方にかけてつらくなる。今までこのような症状はなく、今年入ってから酷くなっているような気がする。仕事は非常に忙しく、1 810 時間は座ってPC 作業行っている。症状はお風呂に入ると若干楽になるような気もする。最近、変わった事と言えば、今年春から転職して、仕事環境が変わったことくらい。姿勢が悪いと良く指摘される。20代のころから肩こりもひどい。

 

 

【初診時の症状と所見】

○姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 肩が上がっている(特に左肩)

 

○触診

- 上部僧帽筋 、胸鎖乳突筋の強い緊張

- 頸椎の可動低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

○整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の3回は、上部僧帽筋 、胸鎖乳突筋を中心に筋膜治療を行った。ここまでの治療で、後頭部のピリピリ感は8割軽減。しかしまだ、仕事が忙しいときや緊張する場面で再発するとの事。続いて4回目以降は、2つの筋肉に加えて、頸椎の可動性を向上させるため関節にフォーカスして治療。7回目の来院時には症状はほぼ消失したとのことが、仕事などで上部僧帽筋が緊張してくると再発する傾向があったため、上部僧帽筋、後頭下筋、胸鎖乳突筋に対して自宅でエクササイズを行っていただいた。その結果、10回目の来院じには完全に消失。現在は、自宅エクササイズを継続していただきながら、メンテナンスとして1/月のペースで来院されている。


【担当カイロプラクターのコメント】

上部僧帽筋の治療により症状が大幅に改善したことから、後頭神経痛の可能性が考えられます。頭神経痛とは、後頭部の下から上に向けて通過する大後頭神経が反応して痛みを感じる頭痛の一種です。後頭神経は、上部僧帽筋の起始部を貫いて出てくるため、上部僧帽筋の緊張が神経・血管を圧迫して痛みを発します。カイロプラクティックで改善が見込めますので、本症状をお持ちの方はスパイナルケアにご相談ください。

 

全身の疲労感と足のつりを訴え来院(50代男性)


52歳 男性 渋谷区在住


【全身の疲労感と頻繁に起こる足のつりを訴え来院】

3ヶ月ほど前から寝ていると頻繁に足がつるようになり、疲労感も強い。なるべく睡眠時間はとるように心がけ、毎日最低7時間は寝ているが、すっきりと起きられない。また日中は疲労感のためか眠気も強い。とくに昼食後は睡魔に襲われる。

足のつりはネットで調べたところ、脱水や冷えが関係していると書かれていたので、気をつけるようにしているが特に変化はない。ひどい時は両足ふくらはぎがつり、痛みで起きてしまう。

これらの症状について思いあたる原因はない。

最近変わった事といえば、1年前に職場が異動になり、ほぼ1日中デスクワーク業務になったが、それほど忙しくはないのでストレスは感じていない。

ただ、動かないため体重も1年で5kgほど増え、自分でも運動不足だと実感している。


【初診時の症状と所見】


姿勢検査、可動域検査

- よほど疲れているのか、うつぶせで検査をしていたところ寝てしまった。(いびきあり)

- 腰椎前弯姿勢(おなかが前に出ている姿勢)

- 猫背(胸椎の後湾が大きく首が前方に位置している)

- 172cm 86kg 内胚葉型(体重が多いタイプ)である

 

触診

- 左右ふくらはぎの張り感と圧痛あり

- 両首から肩にかけての緊張と圧痛あり(僧帽筋の緊張)

- 首の根本(上部胸椎)の動きの悪さあり

- 腰椎過剰前弯と腰の筋緊張あり(反り腰)

 

 

【施術の経過】

検査時にすぐ寝てしまうことから追加で問診を行いました。すると

・今の職場は接待が多く、お酒はよく飲む

・いびきをうるさくなったと指摘されることがあった。時々、呼吸も止まっているようだと言われた。

・寝起きに喉が渇く(痛む)事がしょっちゅうある。

と追加情報がわかったので、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるため、提携施設の用賀アーバンクリニックに紹介しました。その後の検査で確定され、今は専門施設で治療を受けながらスパイナルケアでメンテナンスケアを受けています。


スパイナルケアでは気道が狭まりやすい姿勢を、カイロプラクティックケアやエクササイズ指導により改善させ、両ふくらはぎは筋膜が固くなっていたため、FAKTRなど筋膜治療を3回おこない改善させました。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回は睡眠時無呼吸症候群による無呼吸状態が続くために疲労感がとれないのと、それによる軽度酸素不足による両足のつりが原因でした。

睡眠時無呼吸症候群は放っておくと高血圧、心臓病、脳卒中などの合併症がみられるので、なるべく早く改善させることが大切です。

体重のコントロールや飲酒の制限、運動やエクササイズは重要ですが、姿勢改善や肋骨の動きを整える事も効果的です。また、一度つってしまった筋肉は筋線維が損傷しているため、正常の筋肉よりもつりやすくなります。

これらを筋膜リリースすることも、疲労感やつりの早期改善につながります。

後頭部の痛みとこめかみの痛みを訴え来院(30代女性)

35歳 女性 世田谷区在住

 

【後頭部の痛みとこめかみの痛みを訴え来院】

半年前から後頭部の張りを感じ始め、徐々に痛みもつよくなってきている。酷い時にはこめかみがズキンズキンと痛むこともあり、仕事が手につかない日もある。

 

思い当たるものとしては眼精疲労が原因ではないかと考えている。 仕事は基本的にデスクワークでPC作業が多いためか最近視力が悪くなり、コンタクトレンズをつけるようになった。また特にこの時期は会社の決算があるため残業も多く、睡眠時間も少ない。

 

頭痛は仕事中に出る事が多いが、休日も酷くなる事が多い。休日の頭痛はひどい時は目がチカチカしたり、吐き気を伴うこともある。

頭痛外来では片頭痛と診断され、頭痛薬をもらって辛い時は飲んでいるが、なるべく薬に頼りたくなく根本的に良くなりたいと思いネットで当院を見つけて来院された。

 

【初診時の状態】

・頚部屈曲、伸展で後頭部の痛み

・後頭下筋群、胸鎖乳突筋、上部僧帽筋の緊張と圧痛

・頚椎と上部胸椎の可動性低下

・首が前方に突出している猫背姿勢

 

【施術の経過】

 

初回は頚部の動きに関わる筋肉の調整を行うが、なるべく筋肉への刺激・負担をへらして頚部と胸椎の骨格の矯正をメインに進めた。また急激な筋肉のゆるみによって、片頭痛が誘発されないよう刺激に注意して行った。

 

初回で50%ぐらいの改善がみられ、3回目の来院時には頭痛の頻度も減り、症状も気にならなくなってきた。

 

ここで自宅でできる首のエクササイズを処方し、5回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていた。

現在は身体のメンテナンスのために月に一度来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

 

今回は筋肉の緊張で起こる緊張性頭痛と脳の血管の拡張によって起こる片頭痛が組み合った、混合性頭痛だったようです。

 

今回のケースの様に、平日が非常に忙しいと筋肉が緊張する緊張性頭痛が起こり、反対にリラックスする休日に副交感神経が優位になり、血管拡張性の片頭痛が起こることが多いようです。

緊張性頭痛は頭蓋骨・頚椎の調整で筋肉のコリを取りのぞき、血流を整えることで症状の改善がみられます。

また片頭痛の改善には自律神経のバランスも深く関わるため、運動やエクササイズも有効なアプローチになります。

 

緊張性頭痛と片頭痛は原因が異なるため、ご自身で見極め対処するのはとても難しいようです。

 

こういった症状でお悩みの方は是非ご相談ください。