用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 首の痛み

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

首の痛み

首の痛み、頭痛など(スマホ症候群)を訴え来院 (40代女性)

45歳 女性 用賀在住

 

【首の痛み、頭痛を訴え来院】

2週間前くらいから、首の痛みや頭痛がつらい。もともと酷い肩こりや偏頭痛があるが、これほど続くことは初めて。また頭痛の痛さもいつものものとは違い、頭の周囲が締め付けられるような痛みが強い。首については、特に上を向く今までにない痛みを伴う。運動を心掛け、ここ1年くらいは週2,3回軽いジョギングを行うようにしている。主婦なので普通に家事は行うが長時間デスクワークなどはしていない。他に気になることといえば、1か月くらい前に携帯をスマートフォンに変更したため、慣れない操作で目が疲れている。腕のしびれなどは特にない。

 

【初診時の症状と所見】

姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 肩の前方巻き込み

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 頸の伸展(上を向く)の動きが少なく、痛みを誘発

 

触診

- 後頭下筋群の強い緊張

- 胸鎖乳突筋、脊柱起立筋の緊張

- 頸椎、胸椎の屈曲変位、伸展制限、スプリング低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の2回は、頸部を中心に治療。頸部全体の筋肉の硬直、特に後頭下筋群と胸鎖乳突筋がっちり固まっていたので、癒着をはがす筋膜治療と頸部の関節に対する治療をしっかり行った。2週間後の3回目の来院時に、初回のつらさの7割減だったので、続けて同様の治療を行った。1か月後の6回目の来院時には、頸の痛み、頭痛(締めつけ感)などは完全に消失。頭の位置、顎の挙上は回復してきたいたが、姿勢(背骨の湾曲と肩の前方巻き込み)がまだ改善されていないため、姿勢矯正とメンテナンスを目的として現在は1/2週のペースで来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

本症状は、長時間のデスクワークや緊張が継続するハードワークを行うビジネスマンの方に多い症状です。日常生活において、そのような心当たりがまるでないにもかかわらず、このような症状が表れた場合は、「スマホ症候群」である可能性が高いです。慣れないスマートフォン操作が身体に悪影響を及ぼした可能性がございます。頭の重さは約6Kg。例え慣れていても、眼も酷使した状態で長時間下を向いてのスマホ操作は、今までに経験したことのない様々な症状を誘発する恐れがあります。20分以上の連続は操作はなるべく控え、下を見すぎないような工夫することが大切です。治療と身体の使い方をご説明さしあげますので、本件のようなつらい症状がある場合は当院へご相談ください。

 

 

 

 

首の後ろ、後頭部の痛みを訴え来院 (30代女性)

38歳 女性 溝の口在住

 

首の後ろから後頭部の痛みを訴え来院 】

首の後ろから頭の後面にかけてぴりぴりと痛む。特に夕方にかけてつらくなる。今までこのような症状はなく、今年入ってから酷くなっているような気がする。仕事は非常に忙しく、1 810 時間は座ってPC 作業行っている。症状はお風呂に入ると若干楽になるような気もする。最近、変わった事と言えば、今年春から転職して、仕事環境が変わったことくらい。姿勢が悪いと良く指摘される。20代のころから肩こりもひどい。

 

 

【初診時の症状と所見】

○姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 肩が上がっている(特に左肩)

 

○触診

- 上部僧帽筋 、胸鎖乳突筋の強い緊張

- 頸椎の可動低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

○整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の3回は、上部僧帽筋 、胸鎖乳突筋を中心に筋膜治療を行った。ここまでの治療で、後頭部のピリピリ感は8割軽減。しかしまだ、仕事が忙しいときや緊張する場面で再発するとの事。続いて4回目以降は、2つの筋肉に加えて、頸椎の可動性を向上させるため関節にフォーカスして治療。7回目の来院時には症状はほぼ消失したとのことが、仕事などで上部僧帽筋が緊張してくると再発する傾向があったため、上部僧帽筋、後頭下筋、胸鎖乳突筋に対して自宅でエクササイズを行っていただいた。その結果、10回目の来院じには完全に消失。現在は、自宅エクササイズを継続していただきながら、メンテナンスとして1/月のペースで来院されている。


【担当カイロプラクターのコメント】

上部僧帽筋の治療により症状が大幅に改善したことから、後頭神経痛の可能性が考えられます。頭神経痛とは、後頭部の下から上に向けて通過する大後頭神経が反応して痛みを感じる頭痛の一種です。後頭神経は、上部僧帽筋の起始部を貫いて出てくるため、上部僧帽筋の緊張が神経・血管を圧迫して痛みを発します。カイロプラクティックで改善が見込めますので、本症状をお持ちの方はスパイナルケアにご相談ください。

 

後頭部の痛みとこめかみの痛みを訴え来院(30代女性)

35歳 女性 世田谷区在住

 

【後頭部の痛みとこめかみの痛みを訴え来院】

半年前から後頭部の張りを感じ始め、徐々に痛みもつよくなってきている。酷い時にはこめかみがズキンズキンと痛むこともあり、仕事が手につかない日もある。

 

思い当たるものとしては眼精疲労が原因ではないかと考えている。 仕事は基本的にデスクワークでPC作業が多いためか最近視力が悪くなり、コンタクトレンズをつけるようになった。また特にこの時期は会社の決算があるため残業も多く、睡眠時間も少ない。

 

頭痛は仕事中に出る事が多いが、休日も酷くなる事が多い。休日の頭痛はひどい時は目がチカチカしたり、吐き気を伴うこともある。

頭痛外来では片頭痛と診断され、頭痛薬をもらって辛い時は飲んでいるが、なるべく薬に頼りたくなく根本的に良くなりたいと思いネットで当院を見つけて来院された。

 

【初診時の状態】

・頚部屈曲、伸展で後頭部の痛み

・後頭下筋群、胸鎖乳突筋、上部僧帽筋の緊張と圧痛

・頚椎と上部胸椎の可動性低下

・首が前方に突出している猫背姿勢

 

【施術の経過】

 

初回は頚部の動きに関わる筋肉の調整を行うが、なるべく筋肉への刺激・負担をへらして頚部と胸椎の骨格の矯正をメインに進めた。また急激な筋肉のゆるみによって、片頭痛が誘発されないよう刺激に注意して行った。

 

初回で50%ぐらいの改善がみられ、3回目の来院時には頭痛の頻度も減り、症状も気にならなくなってきた。

 

ここで自宅でできる首のエクササイズを処方し、5回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていた。

現在は身体のメンテナンスのために月に一度来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

 

今回は筋肉の緊張で起こる緊張性頭痛と脳の血管の拡張によって起こる片頭痛が組み合った、混合性頭痛だったようです。

 

今回のケースの様に、平日が非常に忙しいと筋肉が緊張する緊張性頭痛が起こり、反対にリラックスする休日に副交感神経が優位になり、血管拡張性の片頭痛が起こることが多いようです。

緊張性頭痛は頭蓋骨・頚椎の調整で筋肉のコリを取りのぞき、血流を整えることで症状の改善がみられます。

また片頭痛の改善には自律神経のバランスも深く関わるため、運動やエクササイズも有効なアプローチになります。

 

緊張性頭痛と片頭痛は原因が異なるため、ご自身で見極め対処するのはとても難しいようです。

 

こういった症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

首の動きの悪さを訴え来院(50代男性)

50歳 男性 用賀在住

 

【首の動きの悪さを訴え来院】

以前より、体が固く首が動かない感じはあったが、ここ1週間くらい特に固まった感じがする。仕事はデスクワーク中心。年に数回海外出張を行い、出張後特に悪化する傾向がある。お風呂などでも軽減することもなく、いつも動かしにくくて不便を感じている。腕へのしびれや痛みなどの症状は特にない。2週間くらい前に病院で頸椎ヘルニアの手前の状態と診断された。このままではいけないと思い、脊椎ケアセンター(スパイナルケア用賀)に来院することにした。

 

【初診時の症状と所見】

 - 視診:全身の筋トーンが高く動きが固い

 - 脊柱のスプリング(うつ伏せで押したときの跳ね返りの度合い)の低下

 - ストレートネック

 - 頸椎の可動域(特に伸展)の低下

 - 脊柱起立筋、頸部伸筋群、胸鎖乳突筋の緊張

 - 開口障害、咬筋、側頭筋の強い圧痛

 

【施術の経過】

施術は、脊柱を中心に頸椎、胸椎、腰椎・骨盤の調整と頸部伸筋群、起立筋の筋膜治療を中心に行った。結果、背骨全体の動きと筋膜の柔軟性が大きく改善し、頸椎の可動域も約70%改善。しかし、3日後の2回目の来院時は、完全に元の状態に戻っていた。3日で戻るのはおかしいと考え、ライフスタイルやご自身の状態をどう理解しているか、などの詳しい問診を再度しっかり行った結果、同じペースで5回実施したところ、施術効果も継続し頸部可動域が80%~90%改善した。現在は、フライト時の姿勢の注意点やご自宅で出来るエクササイズをしっかりと実施頂き、1/2週間のペースでメンテナンスとして来院。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースでは、筋肉、骨格以外に症状を悪化させる大きな要因がございました。それは、「頸椎ヘルニアになってしまうのでは?」という恐怖です。恐怖は交感神経を興奮させ筋肉を緊張させます。さらに、首を動かしすぎるとヘルニアになってしまうのでは、と、なるべく首を動かさないようなライフスタイルを選択されておりました。この交感神経の緊張と首を動かさないライフスタイルの選択が施術の効果を妨げていたのです。 ヘルニアは椎間板の病状です。椎間板は適度に動かすことによって、水分を吸収して良い状態が保たれますので、適度に動かすことが大変重要な運動となります。動かさないことは逆効果になってしまいます。

悪化させないためにも、まずは自分の状況をしっかりと理解することが大切で、治療はそのあとになります。自分が今どういう状態なのか?ではどうすればよいのか?など疑問がある場合はぜひご相談いただければと思います。


日常的な頭痛を訴え来院(30代女性)

30歳女性 ネイリスト 用賀在住

 

【頭痛を訴え来院】

一年前から頭痛があったが、最近それが酷くなり毎日のように感じるようになってきた。

日によって強さは全然違うが、酷いときは吐き気を伴う頭痛になることもある。

頭痛外来で診てもらったが、脳には問題がないということで痛み止めのみの処方だった。

仕事中は下を向く時間も長いため、頭痛が出ると仕事にも支障が出るので早めにどうにかしたいとのことでスパイナルケア用賀に来院された。

 

【初診時の症状と所見】

・後頭部の痛みと張り

・僧帽筋、胸鎖乳突筋、後頭下筋群の緊張と圧痛

・上部頸椎と肩甲骨の可動性低下

・偏頭痛による側頭部の痛み

 

【施術の経過】

問診や症状と所見から緊張性頭痛と偏頭痛の混合型を疑った。

初回は首と肩の調整をメインに緊張性頭痛の原因となる筋群にアプローチした。

2回目からは首から背中にかけて骨格のアライメントを整えて姿勢の矯正を行った。3回目の来院時には症状の軽減がみられたので、継続的に治療を進めた。

5回目の来院時には症状が改善したため、少しずつ治療間隔を空けて様子を見ている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

緊張性頭痛と偏頭痛は非常に多くみられる症状です。しかし頭痛発生のメカニズムが異なるため対処法が違います。

首や肩の筋肉が固まって起こるのが緊張性頭痛で脳の血管が拡がっておこるのが偏頭痛です。

今回のケースはどちらの要素を持った場合でしたので、筋肉の緩和操作をやりすぎてしまうと血行がよくなり偏頭痛になる可能性があるため注意が必要でした。

頭痛はご自身で状態を見極めるのは難しいですので、お気軽に当院にご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

 

寝違いによる首の痛み(40代女性)

40歳 女性 用賀在住

 

【首の痛みを訴え来院】

この症状は今朝から気になりはじめた。思い当たる原因は、枕を変えたために寝違えを起こした可能性がある。

以前から慢性的な首のコリを感じていた。 首を左、上下に動かすととても痛く、動きも制限される。

 

【初診時の症状】

・首を20度屈曲、左回旋45度、伸展10度で痛みが出る。

・左首筋にかけて熱感あり。

 

【施術の経過】

初回の治療で3割ほど痛みは軽減した。 3回の治療で痛みは消失し、可動域も回復した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

寝違いの場合、一般的には痛み自体は数日から一週間ほどで軽減します。しかし、頚椎に機能的な問題が残っていることが多く、しっかりと治療しないと再発するリスクがあります。

今回のケースも、以前から首の違和感がありましたので、少しずつ首に負担がかかり、寝違いに繋がった可能性が高いと考えます。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

首から腕、指にかけてのしびれを訴え来院(40代男性)

40代男性 指先までのしびれを訴え来院


【首から腕、指にかけてのしびれを訴え来院】

症状は首を上下に倒すと右首から肘、手先まであらわれるしびれである。特に肘が気になる。1ヶ月ほど前から原因はわからないが気になるようになり、徐々に悪化してきた。1週間前から特にひどくなってきたので、整形外科へ行った所、頚椎ヘルニアと診断された。鎮痛剤(ボルタレン)を処方してもらったが、まったく効く様子はない。仕事で車を運転するが、この姿勢を長時間すると痺れが酷くなりじっとしているのが苦痛になる。

 

【初診時の症状】

  首の前後の動きで腕から肘にかけてのしびれあり

  首を後ろに倒したときに肩甲骨内側の痛みあり。

  胸椎全体の硬さあり

 

【施術の経過】

仰向け姿勢が困難なため、まずは座った状態で胸郭の治療を行った。胸郭の動きが改善されると仰向け姿勢ができるようになったので、首を痛みが耐えられる範囲で調整。治療後は痛みが半分に改善した。その後、23日に1回のペースで4回調節を行い、症状が70%改善したので、23週に1回のペースに移行した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

首の運動で痛みが出ることから頚椎の関連痛(硬節痛)を疑い調節を行っていきました。姿勢によって痛みがかわるので、まずは姿勢を調節し、痛みの過敏さが軽減してから首を調節するようにしました。このように鎮痛剤でも痛みが取れない症状の場合、関節の痛みの可能性が強いので、一度、カイロプラクティック治療をうけられたらいかがでしょうか?

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

頚椎ヘルニアによる左腕のしびれ(40代男性)

40歳男性  IT関連  二子玉川在住

 

【頚椎ヘルニアによる左腕のしびれを訴え来院】

患者は8年ほど前から頚部痛が酷くなり、整形外科を受診した。

MRI検査と神経学検査により、C6/C7レベルでの椎間板ヘルニアと診断をうけた。

年に数回ひどくなることがありながらも、何とか我慢しながら生活してきた。

ここにきてしびれと痛みが強くなってきたためにスパイナルケアを受診した。

 

【初診時の症状】

・頚椎の伸展、屈曲、回旋にて頚部痛、左腕の痺れが悪化。

・腕の外側領域に感覚異常。

・指先の筋力低下。

 

【施術の経過】

初めの5回の治療で約30%しびれと痛みは軽減し、10回の治療で約70%の改善がみられた。

現在3ヶ月の治療を行っているが、しびれはほぼ消失し、頚部痛も違和感が残る程度まできている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

当院にはしびれのお悩みで来院される方が多いですが、その中でもヘルニアを患っている方は本当に多いです。

整形外科でヘルニアと診断され、治療をうけているにもかかわらず改善しないケースでは、カイロプラクティックや鍼灸は非常に良い選択の一つだと思います。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

右首から肩にかけてのしびれで来院(50代男性)

53歳男性 事務職 用賀在住 

 

【右首から肩にかけての痺れを訴え来院】

元々、1ヶ月前に首を寝違え、1週間ほど動かすのがつらかった。その後、徐々にしびれが気になるようになった。

整形外科ではレントゲンで頚椎3番と4番がやや狭まっており、脊柱管狭窄症の可能性もあると指摘された。

症状は徐々に悪化しているような気がする。しびれはじわじわするような感覚であり、触っても痛みはない。正座でしびれた時に感覚とは少し違う気がする。

 

【初診時の症状】

  首を左右に倒すと症状が悪化する。(左に倒す方がつらい)

  首の圧迫テスト(サービカルコンプレッション)で首に痛みあり。

  痛みのためか、首がかなり前方に位置している。

 

【施術の経過】

検査の結果から、首の筋肉(斜角筋や胸鎖乳突筋)と肩の筋肉(上部僧帽筋)の筋膜痛と判断し、頚部のアライメントを整えるため、首周りのモビリゼーション(関節を細かく動かす)を行い、筋肉に対してはFAKTRを使用した。

1回目の治療から症状は半減した。3日後に2回目の治療を行い、症状は5分の1以下になり、3回目の治療でほとんど気にならなくなった。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

筋膜痛とは痛めた筋肉が固くなり、しびれに似た症状を出すことをいいます。

しびれの感覚は、「じわじわするような感覚」とか「膜が張ったような」などと表現することが多いようです。

今回のケースでは寝違えで痛めた筋肉が、そのまま放っておいたので硬くなり、筋膜痛を出すまで進行したのだと思います。

今回のような寝違えの他、ぎっくり腰・肩の打撲など外傷からしびれに発展するケースもありますので、なるべく早めにカイロプラクティックなどを受診されることをおすすめします。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

交通事故後の腰痛で来院(40代女性)

41歳 女性 OL 腰痛 用賀在住 


【腰痛を訴えて来院】

3ヶ月前に追突事故にあい、その後むち打ちのような痛みが首と腰に感じるようになった。その後整形外科に通院し、レントゲンで背骨が歪んでいるために痛みが出ていると指摘を受けた。しかし、3ヶ月通院したが腰痛が改善しないため、カイロプラクティックや整体院を探し、スパイナルケア用賀に来院した。現在は、腰を曲げ伸ばししたり、長時間座っていると痛みが強くなる。


【初診時の症状】

・腰の痛みをかばう逃避姿勢。
・下部腰椎周辺に過剰な緊張感と可動制限あり。
・患部に腫れや熱感などの炎症の所見は確認できず。
・前屈、後屈で腰痛が悪化する。
・お尻あたりにも触診で強い痛みが誘発される。


【施術の経過】

初めの5回の治療(2週間以内)に痛みは50%以上軽減し、8回目の治療で痛みは80%以上改善した。その後、治療による改善がストップしたため、ピラティスを院内で行なっていただき、弱くなったインナーマッスルと歪んだ姿勢を正すリハビリを3ヶ月行い、9割以上回復した。現在は、月に一度のカイロプラクティック治療とピラティスのリハビリを行い、良好な状態を保っている。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回の症状は、交通事故により腰部の軟部組織に損傷が起き、正しい処置が行なわれないまま放置されていたために、組織が硬くなり、癒着が起きてしまった可能性が考えられます。また、痛みのために運動も行なわなかったので、柔軟性や耐久性が低下し、患部により負担がかかってしまう悪循環になっていました。

そのため、カイロプラクティック治療により硬くなり、癒着していた組織をできるだけリリースし、その後柔軟性と耐久性を改善させるためにピラティスを取り入れ、リハビリテーションを行ないました。
今回のように、整形外科に通院したものの改善せずに諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。整形外科では、なかなか改善しないこのようなケースでは、カイロプラクティックやピラティスのような身体の機能を重視する治療法やリハビリが効果を発揮します。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/