用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 四十肩・五十肩

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

四十肩・五十肩

肩の痛みで腕が上がらなくなったため来院(30代女性)

35歳女性 会社員 用賀在住

 

【肩の痛みで腕が上がらなくなったため来院】

2週間前から肩の痛みが強くなり、だんだんと肩の動きが少なくなった。

今では腕を上げようとすると痛みがあるため、なるべく動かさないようにしている。

このまま症状が酷くなると仕事にも支障が出るため、すごく心配になり整形外科で診てもらったところ肩に異常はないと言われた。

そのため自宅の近くにあるスパイナルケア用賀に来院された。

 

【初診時の状態】

・肩の挙上・外転により痛みの誘発

・三角筋、肩甲下筋、棘下筋の緊張と圧痛

・頚椎、胸椎の関節の可動性低下

・猫背姿勢

 

【施術後の経過】

初回は肩の可動範囲に注意しながら肩甲骨と肩の挙上に使われる筋肉の治療をメインに行った。

2回目からは肩の筋肉の調整に加えて猫背姿勢の改善を行って肩の可動域をチェックしてみると、肩を上げるのは良いが、横に広げるのはまだ辛い状態。

3回目の治療後にはかなり腕を上げられるようになっていたので、自宅でのエクササイズも追加した。

5回目には症状が改善していたので、治療間隔を開けてメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

四十肩は別名「肩関節周囲炎」といわれ、肩関節内部や周囲の筋肉に炎症が起こっている状態です。ですがX線や画像診断では肩関節の異常を発見することはできません。そのため実際に触診をして損傷部位を特定して的確に治療をする必要があります。

今回のケースは肩周囲の筋肉の癒着に猫背姿勢からくる肩甲骨の固さが合わさったことで肩の痛みがあって腕が上がらないという状態になっていました。

こういった肩の問題でお悩みの方はぜひスパイナルケア用賀にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

四十肩による肩の痛み(40代男性)

40歳 男性 用賀在住

 

【肩の痛みを訴え来院】

右肩周辺に違和感と痛み、夜中に右腕にかけて痛みを感じる。

思い当たる原因は、長年のデスクワークによる疲労と若い頃野球で肩を怪我したこと。

首の動きは問題ないが、肩を上に上げることができない。

 

【初診時の症状】

・右肩の腱板に圧痛あり。

・右肩のすべての可動域が5割ほど制限されている。

・腫脹や熱感などの炎症所見はない。

・レントゲンで石灰化は確認されなかった。

 

【施術後の経過】

10回の治療で可動域は5割、20回の治療で7割改善し、現在も月に一度の治療を行っている。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】

四十肩を患う患者さんは多いですが、皆さん比較的悪くなってからご来院されます。

今回ももう少し早く来ていただいていれば短い期間で症状が楽になっていたはずです。

幸いにも石灰化がなく、少しずつ治療により改善が見られていますので、回復までは時間の問題でしょう。

何もしないと痛みは楽になっても肩の動きが完全に元に戻らないこともありますので、注意が必要です。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

四十肩で来院(50代男性)


50代男性 自営業 世田谷区在住


【肩の痛みで来院】

一ヶ月前に右後ろのゴミ箱に物を投げ入れようとしたときに、右肩を痛めた。

そのときは右肩が伸展するような格好で投げ入れたが、その瞬間的に痛みなどはなく、気がついたら痛みがあった。そのままにしておけば治るかと思ったが、変わらない。

今は安静にしていると痛みはないが、肩を後ろに回そうとしたり、腕をついて肩を回そうとしたりすると痛みがある。


【初診時の状態】

・肩の外転・内旋・伸展により症状増悪

・小円筋・大円筋・棘下筋・肩甲下筋の過緊張と圧痛

・肩関節の関節機能の低下


【施術後の経過】

初回は肩関節とそれに関わる筋肉の調節を行い、治療後には肩の可動域が少し上がり痛みも弱くなっていた。8回目の治療終了後には肩を動かしても気にならない状態まで症状の軽減が見られた。


【カイロプラクターからのコメント】

今回のケースは右肩を動かした際に肩周囲が炎症を起こし、肩関節が癒着してしまい、肩を動かすことができなっていました。その結果筋肉が固まって痛みが出てしまっている状態でした。これは典型的な四十肩といわれる症状です。他には朝のこわばり・痛みなどもあります。こういった肩の症状でお困りの方は是非スパイナルケアにご相談ください。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

五十肩を訴え来院(50代女性)


51歳 女性 パート 桜新町在住

【五十肩を訴え来院】
2年前くらいから右肩がギクギクしていたが、半年くらい前から痛みが強くなり始めた。3週間くらい前からは夜に痛みで目が覚めることがある。朝起きたときにも痛い。
腕を動かして馴染んでくると痛みは軽減する。
一番痛い動きは手を後ろに回す動作、反対の肩に水平に伸ばす動作、頭を洗う動作など。

【初診時の症状】
左右の棘下筋、小円筋、大円筋、上腕三頭筋に過緊張と圧痛およびトリガーポイントあり。
右肩甲下筋、小胸筋に圧痛あり


【施術後の経過】
いわゆる五十肩の増悪期にあり、痛みがすぐに戻りやすい状態でしたが、筋の緩和を中心にした調節で1ヶ月8回の治療で大分痛みがなくなってきました。その後は筋自体の痛みの改善だけでなく、筋のバランスを変えるような調整をしてもう1ヶ月4回の治療で日常的な動作に支障がなくなりました。


【担当カイロプラクターからのコメント】
肩関節の動きに関する複数の筋に過緊張と圧痛があり、筋バランスが崩れている状態でした。まずは痛みを呈している筋の問題を中心に取っていきましたが、次第に筋の痛みはなくなり、特定の動作の際に動きにくさなどを訴えられるように変化してきました。
これは関節の動きに対してメインに働く筋(主動筋)、その補助的な働きをする筋(協働筋、補助筋)、主動筋と反対の働きをする筋(拮抗筋)といったバランスが崩れていることが考えられます。
肩関節は動きの自由度を高めるために関節の接合が浅く、その分をたくさんの筋で吊っている構造になっています。また、関節は自分の意思で動かせる動き以外にも関節内での転がりや滑りなどの動き(関節包内運動)があります。
肩関節の障害はこれらの複雑な構造の筋のバランスや関節内の動きに着目して機能的な回復を図っていくことが重要なポイントになります。

自律神経失調症・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれ・産前、産後の症状でお悩みの方に世田谷区・桜新町・用賀の整体・カイロプラクティック治療院スパイナルケアと症状インフォメーション

五十肩により来院


51歳女性(パート)桜新町在住
2年前くらいから右肩がギクギクしていたが、半年くらい前から痛みが強くなり始めた。3週間くらい前からは夜に痛みで目が覚めることがある。朝起きたときにも痛い。腕を動かして馴染んでくると痛みは軽減する。
一番痛い動きは手を後ろに回す動作、反対の肩に水平に伸ばす動作、頭を洗う動作など。

【初診時の症状】
・左右の棘下筋、小円筋、大円筋、上腕三頭筋に過緊張と
 圧痛およびトリガーポイントあり。
・右肩甲下筋、小胸筋に圧痛あり。

【施術後の経過】
いわゆる五十肩の増悪期にあり、痛みがすぐに戻りやすい状態でしたが、筋の緩和を中心にした調節で1ヶ月8回の治療で大分痛みがなくなってきました。その後は筋自体の痛みの改善だけでなく、筋のバランスを変えるような調整をしてもう1ヶ月4回の治療で日常的な動作に支障がなくなりました。

【担当カイロプラクターからのコメント】
肩関節の動きに関する複数の筋に過緊張と圧痛があり、筋バランスが崩れている状態でした。まずは痛みを呈している筋の問題を中心に取っていきましたが、次第に筋の痛みはなくなり、特定の動作の際に動きにくさなどを訴えられるように変化してきました。
これは関節の動きに対してメインに働く筋(主動筋)、その補助的な働きをする筋(協働筋、補助筋)、主動筋と反対の働きをする筋(拮抗筋)といったバランスが崩れていることが考えられます。
肩関節は動きの自由度を高めるために関節の接合が浅く、その分をたくさんの筋で吊っている構造になっています。また、関節は自分の意思で動かせる動き以外にも関節内での転がりや滑りなどの動き(関節包内運動)があります。
肩関節の障害はこれらの複雑な構造の筋のバランスや関節内の動きに着目して機能的な回復を図っていくことが重要なポイントになります。



五十肩・四十肩でお困りの方はこちらへ
スパイナルケア


四十肩・五十肩(40代男性)


47歳男性 (事務職)桜新町在住


【肩の痛みを訴え来院】
右肩が3ヶ月くらい前から挙げにくくなり、強い痛みが出るようになり来院しました。鍼にも通ってみたが著明な改善がなく、徐々に治るものと言われているので我慢していたが、寝ているときにも痛いので困っている。


【初診時の症状】
腕を前に挙げていく動作で特に痛みが強く、小円筋や肩甲下筋といった肩関節周りの筋に緊張と圧痛が認められ、鎖骨の関節にも問題がありました。


【担当カイロプラクターのコメント】
初回の治療ではドクターが腕を挙げていくときの痛みは80%くらい減少しましたが、ご自身で挙げたときの痛みは半減くらいで可動制限も見られました。2回目以降からは小円筋の過緊張を中心とした肩周りの筋のトリートメントを重点的に行い、ご自宅でのエクササイズも含めた3週間計8回の治療によってご自身で挙げたときの痛みと可動制限がなくなりました。肩関節は動きの自由度が高く、関節の形成が浅いために複数の筋が複雑に関節を吊っているような状態です。このため日常的に特定の動作しかしないことで動かさない筋が硬くなりやすい傾向があります。一度痛みが出る状態になると筋や関節のスムースな連携が乱れた状態に陥っていることが多いので、カイロプラクティックによる調節を受けながらご自宅でのエクササイズを取り入れていただくことで改善を早めることができます。



五十肩・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれでお悩みの方はこちらへ
スパイナルケア
http://www.spinalcare.jp/