用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 顎関節症

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

顎関節症

顎の痛みで来院(40代女性)

40代 女性 江東区在住


【顎の痛みで来院】

10年前からあくびをした時に顎から音がするようになった。現在は段々と酷くなって、普通に開けても音が鳴るようになってしまった。最近では痛みも感じ始めている。原因が分からず、こらからどんどん悪くなりそうで不安とのこと。一度しっかりと検査を受けてみたいということで来院された。


【初診時の状態】

・開口時のクリック音

・顎関節周囲の筋肉の張りが強い

・顎関節の開口制限

・頚椎伸展制限


【施術後の経過】

初回の治療では頚部の調節と顎関節の動きをチェックし、動きの悪い方向に調節を行なっていった。2回目来院時には顎関節の可動域が増え、口を開けやすくなったとのこと。
顎関節のエクササイズを指導し、毎日行なってもらうようにした。4回目の来院時には顎のクリック音が無くなり、痛みもなく顎関節の周囲の筋肉の状態も落ち着いていた。
現在は顎に負担を掛けない姿勢を指導し、1ヶ月に1回のメンテナンス治療に移行している。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回の症状は不良姿勢やほおづえをつく等の顎に負担をかかる癖により、顎関節と周囲の筋肉が硬直し、顎関節のずれや開口時の制限になっていました。
顎関節の症状は放置すると悪化傾向にあり、不良姿勢になってしまったり、首の痛みや肩こりの原因が顎関節というケースも少なくありません。

顎に少しでも違和感を感じたら、是非一度スパイナルケアにご相談ください。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

顎の開きにくさを訴えて来院(30代女性)

33歳 女性 幼稚園教諭 用賀在住

【顎の開きにくさを訴え来院】
この症状は来院前日より始まった。顎が開きにくくなる症状自体は4,5年前から始まったのだが、通常は一日以内にすぐ治まり、頻度も時々なる程度であった。しかし、状態は徐々に悪化傾向にあり、今回は一日以上経過しても問題が自然寛解しないためにカイロを受診した。思い当たる原因としては、幼少の頃から脊柱に側弯があり、慢性的な腰痛や肩こりに悩まされてきたが、適切なケアをアドバイスしてくれる医療関係者がおらずその場しのぎの対処を続けてきた。

【初診時の症状】
・開口に指1本程しか口に入らない
・左外側翼突筋(顎関節の筋肉)に緊張あり
・左側頭下顎関節(顎関節)の可動性制限

【症状の経過】
直接の原因である外側翼突筋の緩和操作に加え、顎関節の調節を行い、6回目には指が3本以上入るまで口が開くようになりました。それ以降は側弯のメンテナンスとして月1回のエクササイズを継続中です。

【担当カイロプラクターからのコメント】
側頭下顎関節(顎関節)の動きが制限され、開口時に下顎が前方に移動する動きに問題が出ているために生じていると考えられます。今までに何度も同様の症状を繰り返してきたことや、側弯がある方は身体のどこかにその歪が生まれます。おそらく、この場合は顎に最終的な負荷がかかりやすくなっていたのでしょう。
顎の問題が治療で改善した後も、側弯のメンテナンスケアやエクササイズを行っていき、体質改善を行わないと顎や頚部痛、肩こり、腰痛などの症状が今後悪化する可能性が高まると思います。また、椎間板ヘルニアや神経圧迫症状などのリスク、消化器系への負担が高まることが予想できますので、可能な範囲で予防をお勧めします。

顎関節症の頭痛(20代女性)


20歳、女性、ファーストフード店勤務、 駒沢在住 


【顎関節症で来院】
もともと顎を開ける時に「カコッ」という音がなり、違和感があったが、仕事を始めた3ヶ月前からその頻度が増えてきた。また、この1ヶ月は顎を空けるたびに頭痛が出る。頭痛は右の側頭部や目の奥に締めつけられるような痛みが現れる。時々、ズキっとすることもある。
顎を大きくあけると強く出るので、食事を取るのが怖い。
歯科では顎関節症による影響だと言われ、治療を行っているがあまり変化は感じない。
肩こりは顎の違和感以前から気になっている。


【初診時の症状】

・右側頭筋(側頭部)の圧痛あり
・右頚椎1番を圧迫しながら口を開けると頭痛なし。クラック音はやや減少
・右頚部前面(胸鎖乳突筋)の緊張と圧痛あり


【施術後の経過】

顎を空ける時に頭の根本(上部頸椎)を圧迫すると空けやすくなり、「カコッ」というクラック音も小さくなることから、頚椎の1番目の動きを良くするような調節を行いました。
調節後は楽になりましたが、3日後には元の状態に戻ってきたので、2回目の来院時には簡単なエクササイズを処方しました。1週間後の3回目では頭痛は週に23回ぐらいまで頻度が減りました。
その後、週1回の調節を2回ほど続けて、頭痛は無くなりました。
顎の音は小さくなったものの、完全には無くなりませんでした。今は歯科と併用して月に12回の調節を継続中です。


【担当カイロプラクターのコメント】

顎関節症は成人女性の2割(男性は1割)ほどの割合で疑われる顎の症状です。
顎は肩、鎖骨、頭、首と筋肉でつながっているので、顎自体の問題だけでなく、肩こりや肩の痛みでも悪くなることがあります。今回のケースは体のバランスを司る固有受容器が沢山分布している首の骨(頚椎)のバランスが崩れていたことと、肩こりが原因で元々不安定だった顎関節のバランスが更に悪くり、今回のような症状が現れたのでしょう。頭痛は改善しましたが、顎の音は顎関節の問題が大きいので完全には無くなりませんでした。
顎関節症はカイロプラクティック治療で効果ある場合が多いので、お困りの方は一度スパイナルケアまでご相談ください。


顎関節症・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれでお悩みの方はこちらへ
スパイナルケア
http://www.spinalcare.jp/index.html