用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 頭痛

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

頭痛

首の痛み、頭痛など(スマホ症候群)を訴え来院 (40代女性)

45歳 女性 用賀在住

 

【首の痛み、頭痛を訴え来院】

2週間前くらいから、首の痛みや頭痛がつらい。もともと酷い肩こりや偏頭痛があるが、これほど続くことは初めて。また頭痛の痛さもいつものものとは違い、頭の周囲が締め付けられるような痛みが強い。首については、特に上を向く今までにない痛みを伴う。運動を心掛け、ここ1年くらいは週2,3回軽いジョギングを行うようにしている。主婦なので普通に家事は行うが長時間デスクワークなどはしていない。他に気になることといえば、1か月くらい前に携帯をスマートフォンに変更したため、慣れない操作で目が疲れている。腕のしびれなどは特にない。

 

【初診時の症状と所見】

姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 肩の前方巻き込み

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 頸の伸展(上を向く)の動きが少なく、痛みを誘発

 

触診

- 後頭下筋群の強い緊張

- 胸鎖乳突筋、脊柱起立筋の緊張

- 頸椎、胸椎の屈曲変位、伸展制限、スプリング低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の2回は、頸部を中心に治療。頸部全体の筋肉の硬直、特に後頭下筋群と胸鎖乳突筋がっちり固まっていたので、癒着をはがす筋膜治療と頸部の関節に対する治療をしっかり行った。2週間後の3回目の来院時に、初回のつらさの7割減だったので、続けて同様の治療を行った。1か月後の6回目の来院時には、頸の痛み、頭痛(締めつけ感)などは完全に消失。頭の位置、顎の挙上は回復してきたいたが、姿勢(背骨の湾曲と肩の前方巻き込み)がまだ改善されていないため、姿勢矯正とメンテナンスを目的として現在は1/2週のペースで来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

本症状は、長時間のデスクワークや緊張が継続するハードワークを行うビジネスマンの方に多い症状です。日常生活において、そのような心当たりがまるでないにもかかわらず、このような症状が表れた場合は、「スマホ症候群」である可能性が高いです。慣れないスマートフォン操作が身体に悪影響を及ぼした可能性がございます。頭の重さは約6Kg。例え慣れていても、眼も酷使した状態で長時間下を向いてのスマホ操作は、今までに経験したことのない様々な症状を誘発する恐れがあります。20分以上の連続は操作はなるべく控え、下を見すぎないような工夫することが大切です。治療と身体の使い方をご説明さしあげますので、本件のようなつらい症状がある場合は当院へご相談ください。

 

 

 

 

身体の疲労感と頭痛を訴え来院(40代女性)


40歳 女性 用賀在住

 

【全身の疲労感と頭痛を訴え来院】

1ヶ月前から身体の疲労感を強く感じるようになった。

睡眠不足のせいか、夕方になってくると強い眠気に襲われることもある。もともとあった頭痛も頻度が増えてきているため心配。

数年前から体重増加が気になりはじめたため、2ヶ月前から健康のためにダイエットを始め、食事回数を減らし(12回)、ウォーキングも11時間やるようにしているので、調子が良くならないのはおかしいと思い当院に来院されたという。

 

【初診時の状態】

・疲労感と眠気のためか、検査中に寝てしまった。

・上部僧帽筋、脊柱起立筋の緊張と圧痛

・頚椎と胸椎の可動性低下

・身体を丸くするような猫背姿勢

 

【施術の経過】

初回は免疫系に関わる頭蓋や背骨の調節をメインに身体の可動域と筋肉のバランスを整えた。

さらに本人のダイエットのやり方を問診し、食事・運動の問題点を指導した。

運動、食事方法が変わった影響で、3回目の来院時には夕方の眠気や頭痛の頻度も減り、疲労感も少なくなってきたという。

その後、6回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていたため、月に一度のメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回の疲労感と頭痛は低血糖が深く関わっていたようです。

低血糖とは血液中に糖分が少なくなっている状態で、その状態が続くと脳に栄養を送ろうと交感神経が働き血管収縮がおこるため、頭痛・めまい、疲労感などの様々な症状を起こすことがあります。

原因は食事の仕方(急激な糖分の過剰摂取や食生活が不規則)やストレス(仕事が忙しく睡眠時間が短い)などのものがあります。

今回のケースのようにダイエットをすることで糖分の制限や空腹時の運動でも低血糖になりやすくなるため注意が必要です。

 

首の後ろ、後頭部の痛みを訴え来院 (30代女性)

38歳 女性 溝の口在住

 

首の後ろから後頭部の痛みを訴え来院 】

首の後ろから頭の後面にかけてぴりぴりと痛む。特に夕方にかけてつらくなる。今までこのような症状はなく、今年入ってから酷くなっているような気がする。仕事は非常に忙しく、1 810 時間は座ってPC 作業行っている。症状はお風呂に入ると若干楽になるような気もする。最近、変わった事と言えば、今年春から転職して、仕事環境が変わったことくらい。姿勢が悪いと良く指摘される。20代のころから肩こりもひどい。

 

 

【初診時の症状と所見】

○姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 肩が上がっている(特に左肩)

 

○触診

- 上部僧帽筋 、胸鎖乳突筋の強い緊張

- 頸椎の可動低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

○整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の3回は、上部僧帽筋 、胸鎖乳突筋を中心に筋膜治療を行った。ここまでの治療で、後頭部のピリピリ感は8割軽減。しかしまだ、仕事が忙しいときや緊張する場面で再発するとの事。続いて4回目以降は、2つの筋肉に加えて、頸椎の可動性を向上させるため関節にフォーカスして治療。7回目の来院時には症状はほぼ消失したとのことが、仕事などで上部僧帽筋が緊張してくると再発する傾向があったため、上部僧帽筋、後頭下筋、胸鎖乳突筋に対して自宅でエクササイズを行っていただいた。その結果、10回目の来院じには完全に消失。現在は、自宅エクササイズを継続していただきながら、メンテナンスとして1/月のペースで来院されている。


【担当カイロプラクターのコメント】

上部僧帽筋の治療により症状が大幅に改善したことから、後頭神経痛の可能性が考えられます。頭神経痛とは、後頭部の下から上に向けて通過する大後頭神経が反応して痛みを感じる頭痛の一種です。後頭神経は、上部僧帽筋の起始部を貫いて出てくるため、上部僧帽筋の緊張が神経・血管を圧迫して痛みを発します。カイロプラクティックで改善が見込めますので、本症状をお持ちの方はスパイナルケアにご相談ください。

 

後頭部の痛みとこめかみの痛みを訴え来院(30代女性)

35歳 女性 世田谷区在住

 

【後頭部の痛みとこめかみの痛みを訴え来院】

半年前から後頭部の張りを感じ始め、徐々に痛みもつよくなってきている。酷い時にはこめかみがズキンズキンと痛むこともあり、仕事が手につかない日もある。

 

思い当たるものとしては眼精疲労が原因ではないかと考えている。 仕事は基本的にデスクワークでPC作業が多いためか最近視力が悪くなり、コンタクトレンズをつけるようになった。また特にこの時期は会社の決算があるため残業も多く、睡眠時間も少ない。

 

頭痛は仕事中に出る事が多いが、休日も酷くなる事が多い。休日の頭痛はひどい時は目がチカチカしたり、吐き気を伴うこともある。

頭痛外来では片頭痛と診断され、頭痛薬をもらって辛い時は飲んでいるが、なるべく薬に頼りたくなく根本的に良くなりたいと思いネットで当院を見つけて来院された。

 

【初診時の状態】

・頚部屈曲、伸展で後頭部の痛み

・後頭下筋群、胸鎖乳突筋、上部僧帽筋の緊張と圧痛

・頚椎と上部胸椎の可動性低下

・首が前方に突出している猫背姿勢

 

【施術の経過】

 

初回は頚部の動きに関わる筋肉の調整を行うが、なるべく筋肉への刺激・負担をへらして頚部と胸椎の骨格の矯正をメインに進めた。また急激な筋肉のゆるみによって、片頭痛が誘発されないよう刺激に注意して行った。

 

初回で50%ぐらいの改善がみられ、3回目の来院時には頭痛の頻度も減り、症状も気にならなくなってきた。

 

ここで自宅でできる首のエクササイズを処方し、5回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていた。

現在は身体のメンテナンスのために月に一度来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

 

今回は筋肉の緊張で起こる緊張性頭痛と脳の血管の拡張によって起こる片頭痛が組み合った、混合性頭痛だったようです。

 

今回のケースの様に、平日が非常に忙しいと筋肉が緊張する緊張性頭痛が起こり、反対にリラックスする休日に副交感神経が優位になり、血管拡張性の片頭痛が起こることが多いようです。

緊張性頭痛は頭蓋骨・頚椎の調整で筋肉のコリを取りのぞき、血流を整えることで症状の改善がみられます。

また片頭痛の改善には自律神経のバランスも深く関わるため、運動やエクササイズも有効なアプローチになります。

 

緊張性頭痛と片頭痛は原因が異なるため、ご自身で見極め対処するのはとても難しいようです。

 

こういった症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

頭が締めつけられるような頭痛を訴え来院(50代男性)


57歳 男性 用賀在住

 

【頭全体が締めつけられるような頭痛を訴え来院】

ここ1か月ほど頭痛の頻度が増してきた気がする。もともと緊張しやすい性格なのか、ストレスがたまると頭痛が出やすいが、1か月前から難しい案件を受け持つ事になり、さらに頭痛の頻度が上がってきたように思う。頭痛は頭全体が締めつけられるような感覚があり、特に後頭部が辛くなるとオが多い。1日中気になるが、特に起きた直後に痛むことが多い。吐き気や手足のしびれはない。ひどい時は脈を打つようにズキズキする時もある。

今年の健康診断では血圧と脂質代謝が要検査と言われた。

また症状とは関係無いと思うが、最近は立ちくらみも起きやすいので注意して動くようにしている。

 

【初診時の症状と所見】

・左肩が全体的に前方にでるような猫背姿勢をしている。

・左右胸鎖乳突筋の緊張あり

・左バレリュー検査(首を右に向けた状態を数秒間保つ)でやや気持ち悪さあり

・血圧 右158/92mmHg 左166/96mmHg

 

【施術の経過】

血圧と問診から判断して高血圧性頭痛の影響が強いと判断し、軽い施術とともに病院を紹介した。施術後は血圧が右142/86mmHg 144/86mmHgと低下がみられた。

その後は病院で処方された薬を使用しながら、スパイナルケアで左右のバランスを整えるようにしている。初回の施術後から頭痛の頻度は本人の感覚で70%は改善。その後は23週に1回の施術で症状を感じ無くなっている。

また、検査から副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)の疑いもあるため、摂取する果物やコーヒーの注意点や塩分の話など、自宅でできる改善法も処方した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

結果からみると高血圧性頭痛のようでしたが、高血圧の要因としてストレスと左右の身体のアンバランスも関係していたようです。今回のケースでは左右の血圧がかなり違っていましたが、自律神経は通常、90%が脳と同側支配(右脳なら右自律神経)をしているので、こういったケースは珍しくありません。施術でもそのバランスを注意しながら行ったので初回から効果がみられたのでしょう。この患者様は施術4回目からメンテナンスに移行し、現在は月1回のペースでメンテナンスにいらしていますが、症状の再発はないようです。

また、本人が気にしていた「立ちくらみ」は、通常、私たちの身体は立ち上がると血圧をあげて脳への血流が行きやすいように無意識に調整しています。今回の患者様のように慢性的な疲労がおこり、副腎疲労症候群の状態になると、アルドステロンというホルモンのバランスもおかしくなり、起立時に血圧が上手く上昇せず、ふらつくことがあるのでこの症状も関係していると考えます。

 

側頭部(目の周りから耳にかけて)の頭痛を訴え来院 (40代女性)

42歳 女性 世田谷区在住

 

【左目の周りから耳にかけてピリピリと痛む強い頭痛を訴え来院】

 

2日前から痛むようになった。特に左側頭部から耳の周り、目の周りがつらい。思いあたる原因はない。もともと片頭痛持ちだが、いつもの片頭痛とは違い、ズキズキというよりは、かなり強いピリピリとした痛みが気になる。痛みは寝ていても辛く、枕に顔がこすれても痛む。軽減要素はとくにない。ここまで強い頭痛はいままでに経験したことがなく心配である。

めまい、吐き気、難聴はない。

 

 

【初診時の症状と所見】

・顔面の動きは左右とも問題なし。

・顔面の知覚異常あり

・発赤、発疹は見当たらない

・耳こすり検査(聴覚検査)左右差なし

 

【施術の経過】

カイロプラクティック適応外と考え、施術は行わず病院紹介を行った。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回の症状はすぐに提携先のアーバンクリニックを紹介するケースとなりました。通常、三叉神経痛に対する帯状疱疹はRamsay-Hunt(ラムゼイ・ハント)症候群と呼び、放っておくと眼球に帯状疱疹が出来失明の恐れもあります。その他にも顔面神経麻痺が残ったり、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる、症状が治っても痛みが時々現れるような重篤なケースが多いので、すぐに病院紹介が必要となります。今回は頭痛が現れてから日も経っていなかったので、水疱(すいほう)等、帯状疱疹の特徴は診られませんでした。しかしながら、「いつもと違う頭痛」「顔の触覚異常」「強すぎる痛み」というのがキーワードがあったため病院紹介に至りました。

私自身も大学時代にそういう例があると聞いていましたが、臨床歴10年以上で初めてのケースでした。「いつもと違う頭痛」「顔の触覚異常」「強すぎる痛み」というのがキーワードとなり、見逃す事無く対応できたのだと思います。

*その後の経過ですが、後日、本人から連絡があり、後遺症もなく完治したと報告をうけました。

 

日常的な頭痛を訴え来院(30代女性)

30歳女性 ネイリスト 用賀在住

 

【頭痛を訴え来院】

一年前から頭痛があったが、最近それが酷くなり毎日のように感じるようになってきた。

日によって強さは全然違うが、酷いときは吐き気を伴う頭痛になることもある。

頭痛外来で診てもらったが、脳には問題がないということで痛み止めのみの処方だった。

仕事中は下を向く時間も長いため、頭痛が出ると仕事にも支障が出るので早めにどうにかしたいとのことでスパイナルケア用賀に来院された。

 

【初診時の症状と所見】

・後頭部の痛みと張り

・僧帽筋、胸鎖乳突筋、後頭下筋群の緊張と圧痛

・上部頸椎と肩甲骨の可動性低下

・偏頭痛による側頭部の痛み

 

【施術の経過】

問診や症状と所見から緊張性頭痛と偏頭痛の混合型を疑った。

初回は首と肩の調整をメインに緊張性頭痛の原因となる筋群にアプローチした。

2回目からは首から背中にかけて骨格のアライメントを整えて姿勢の矯正を行った。3回目の来院時には症状の軽減がみられたので、継続的に治療を進めた。

5回目の来院時には症状が改善したため、少しずつ治療間隔を空けて様子を見ている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

緊張性頭痛と偏頭痛は非常に多くみられる症状です。しかし頭痛発生のメカニズムが異なるため対処法が違います。

首や肩の筋肉が固まって起こるのが緊張性頭痛で脳の血管が拡がっておこるのが偏頭痛です。

今回のケースはどちらの要素を持った場合でしたので、筋肉の緩和操作をやりすぎてしまうと血行がよくなり偏頭痛になる可能性があるため注意が必要でした。

頭痛はご自身で状態を見極めるのは難しいですので、お気軽に当院にご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

 

姿勢矯正で来院(20代女性)

28歳 女性 用賀在住

 

 姿勢不良を訴え来院】

10代後半から慢性的な肩こりや腰痛を感じている。マッサージに定期的に通うも、一時的には楽になるがすぐに戻ってしまう。同じくらいの時期から自分の猫背や左右の肩の高さの違いが気になっており、友人に外見を指摘されたこともある。鏡でみると身体もねじれているような気もする。肩こり腰痛と姿勢が関係しているのではと思い、脊椎ケアセンター(スパイナルケア用賀)に来院することに。

 

BIOTONIXの結果 】

※BIOTONIX とは、カナダBIOTONIX社の姿勢分析ツールです。

・左肩が高く、頭が右に倒れている

・身体の重心の位置が適正値よりも右後方にずれいている

・左上腕の内旋、左前腕の回内により手の甲が前面を向いている

・頭が前方に位置すると同時に骨盤が後傾している

・右大腿部が外旋し、膝関節、足関節も外旋傾向

 

【初診時の症状と所見】

・胸椎、肋骨の可動性低下

・左右の大胸筋の強い筋緊張

・右の仙腸関節の可動低下、押圧痛。

・ハムストリングの短縮(左右ともに)

・左の手関節、肘関節の可動低下。

・頚部クレーンネック

 

【施術の経過】

初回は、まずは身体の土台となる足、骨盤の施術を行った。3回目までに足の外旋と骨盤の後傾は改善。ただし、ハムストリングの緊張が強く、骨盤矯正が戻りやすい状態であったため、同時にしっかり自宅で股間節のストレッチをして頂いた。4回目以降は、脊柱(首、胸、腰)と肩、手を中心に施術した。6回目までに、胸椎の可動性や肩、首の位置なども大きく改善したものの、普段のデスクワーク中に再び悪化してまった。対策として、姿勢と呼吸法の指導を行い、お仕事中も最低20分に1回は姿勢と呼吸を見直して頂いたところ、8,9,10回目では、姿勢矯正に加えて肩こり腰痛も軽減。現在は、エキササイズを継続してもらいながら1/月のペースでメンテナンス目的で来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

肩こり・腰痛の大きな要因の1つに「姿勢」があります。2足歩行を行う人間にとって、正しい姿勢とは、身体の各部位が理想的に配列されており、最小の力で最大の支持を得られるような体位のことです。これが崩れると、肩こり・腰痛だけでなく、頭痛、目の疲れ、内臓疲労や歩行障害など様々な問題が発生します。また、姿勢は立っている時だけでなく、机に向かっている時、歩いている時、台所で料理をしているとき、自転車に乗っている時など、さまざまな状態において理想が保たれることが重要です。動いている時の姿勢を気をつけることは大変なことですが、身体を守る上でとても大切なことです。まずは静止時の正しい姿勢をしっかり身体に刻みこみ、それが出来たら動作時の姿勢も意識すると良いでしょう。客観的な評価と骨格・筋肉の調整をご希望の方はご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

頭痛を訴え来院(30代女性)


35歳 女性 三軒茶屋在住

 

【頭痛を訴え来院】

仕事の忙しさがピークに達すると頭にズーンとした痛みを強く感じる。内科を受診した際には、ストレスが原因だと言われて飲み薬を服用。

飲み薬の効果がないため、不安を感じている。普段はあまり痛くないのだが、ストレスを感じたり疲れが溜まったりすると痛みが増すような気がする。

先月から部署が移動になり、新しい仕事が増えた。今までにあまり感じたことのない頭痛のため原因を突き止めたい。

 

【初診時の症状】

・バイタル 体温:36.3 血圧:80110 脈拍:80回/分 呼吸数:15回/分 

   全て正常

・骨盤、脊柱は軽度のねじれ、ゆがみあり

・姿勢はややクレーンネックが目立つ

・上部僧帽筋、肩甲挙筋、頚部筋(SCM,斜角筋)、後頭下筋群の強い緊張、硬結あり

 

【施術の経過】

頚肩部の筋緊張の緩和を目的とし、頚椎、胸椎の矯正に加えて、周囲の筋に対して患者さんが痛みに耐えられる範囲でアクティブリリースを行った。

1回の治療で筋緊張は大幅に改善したものの、まだ仕事中の頭痛は消失せず。5回目までの治療でピーク時での頭痛は完全に消失。

特に頚肩部の筋肉の固さを再発させたないため、ご自宅で肩こり体操を継続してもらっている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回の頭痛は典型的な肩こりからくる関連痛によるものと考えられます。長年の蓄積により本人も自覚していないケースが多く、た症状が頭に出るため、あまり肩や頚のケアまで気持ちが回らない方が多くいらっしゃいます。

予防策としては、しっかり頚、肩まわりの緊張を溜め込まないようにお仕事中などにもできる簡単なエキササイズを継続することをお勧め致します。

慢性的な肩こりと腰痛で来院(40代女性)

40歳女性  OL  用賀在住


【肩こりと腰痛で来院】

15年前からの慢性的な肩こりと腰痛を感じていた。
最近痛みが強くなってきたために来院された。普段はデスクワーク中心で、午後になってくると頭痛が出る事もよくある。
マッサージや整体にもよく行くが、あまり状態が良くならないのでカイロプラクティックを受診することにした。
当院の姿勢分析(Biotonix)にも興味があるので、合わせて受けてみたいという気持ちもあったために当院を選んだとの事。


【初診時の症状】

・後頭下筋、僧帽筋、腰方形筋、梨状筋の過緊張。
・上部頸椎、下部頸椎、上部胸椎、下部腰椎の可動制限と圧痛がみられる。
・姿勢分析により
頚椎前方偏位(クレーンネック状態)、体幹のねじれ、骨盤のズレ。


【施術の経過】

初回は頚部と腰部の関節の調節をし、頚部の筋肉のストレッチと筋膜の治療を行った。治療後は痛みが減少し、頚部と腰部の可動域の改善が見られた。
2回目は胸部の関節の調節とエクササイズの指導を行い、姿勢に対するアプローチを試みた。
5回目には症状があまり気にならなくなってきたためにメンテナンスに移行した。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースは長年のデスクワークによる慢性的な肩こりと腰痛でした。
マッサージや整体の治療を受けてもすぐ戻ってしまいで、なかなか改善が見られない状態でした。
こういった場合は普段の姿勢(仕事姿勢)に対するアプローチが効果的な場合が多いです。
関節の調節とエクササイズ(トレーニング)により理想的な姿勢を獲得し、疲れにくい身体を作ることが根本的な治療につながります。
姿勢分析とエクササイズが組み合わさったことにより早い改善が見られたと考えております。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/