用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 肩の痛み

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

肩の痛み

肩こりと腕の張りを訴え来院(30代女性)

30歳女性 会社員 用賀在住

 

 【肩こりと腕の張りを訴え来院】

半年前から肩こりを感じるようになり、徐々に肩から腕にかけての張りも強くなってきている。

ここのところ仕事が忙しく疲れがたまっているのでマッサージやストレッチをしてみるが、あまり効果がなく膜が張っているような状態が続いていて辛い。

昔から冷え性なので、肩こりは血行の悪さも原因かもしれないとの事

 

【初診時の状態】

・肩の挙上で痛みあり

・上部僧帽筋、肩甲挙筋、三角筋の緊張と圧痛

・頚部と胸椎の可動性の低下

・肩甲骨周辺の筋緊張と可動制限

 

【施術の経過】

初回は肩回りの筋肉の状態をチェックし、筋膜の癒着がみられたので筋膜リリースを行った。2回目は背骨と肩甲骨の調整を追加して、肩関節にかかる負担を軽減させた。

3回目の来院時には肩の可動域も広がり、肩から腕にかけての張りもなくなっていたので自宅で出来るエクササイズをメインに月に一度のメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースは肩の筋膜の癒着が原因だったようです。

仕事が忙しく長時間同じ姿勢を取り続けると筋繊維の微細損傷に加え血行不良が重なり筋膜の癒着につながります。

なかなか取れない筋肉の張りや痛みなどは筋膜の問題が隠れている事が良くありますので、お悩みのかたは是非ご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

肩の痛みで腕が上がらなくなったため来院(30代女性)

35歳女性 会社員 用賀在住

 

【肩の痛みで腕が上がらなくなったため来院】

2週間前から肩の痛みが強くなり、だんだんと肩の動きが少なくなった。

今では腕を上げようとすると痛みがあるため、なるべく動かさないようにしている。

このまま症状が酷くなると仕事にも支障が出るため、すごく心配になり整形外科で診てもらったところ肩に異常はないと言われた。

そのため自宅の近くにあるスパイナルケア用賀に来院された。

 

【初診時の状態】

・肩の挙上・外転により痛みの誘発

・三角筋、肩甲下筋、棘下筋の緊張と圧痛

・頚椎、胸椎の関節の可動性低下

・猫背姿勢

 

【施術後の経過】

初回は肩の可動範囲に注意しながら肩甲骨と肩の挙上に使われる筋肉の治療をメインに行った。

2回目からは肩の筋肉の調整に加えて猫背姿勢の改善を行って肩の可動域をチェックしてみると、肩を上げるのは良いが、横に広げるのはまだ辛い状態。

3回目の治療後にはかなり腕を上げられるようになっていたので、自宅でのエクササイズも追加した。

5回目には症状が改善していたので、治療間隔を開けてメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

四十肩は別名「肩関節周囲炎」といわれ、肩関節内部や周囲の筋肉に炎症が起こっている状態です。ですがX線や画像診断では肩関節の異常を発見することはできません。そのため実際に触診をして損傷部位を特定して的確に治療をする必要があります。

今回のケースは肩周囲の筋肉の癒着に猫背姿勢からくる肩甲骨の固さが合わさったことで肩の痛みがあって腕が上がらないという状態になっていました。

こういった肩の問題でお悩みの方はぜひスパイナルケア用賀にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

肩甲骨周辺の痛みで来院(20代女性)

26歳女性 会社員 用賀在住

 

肩甲骨周辺の痛みを訴え来院】

慢性的に肩や背中の張りや凝りは感じていたが、最近特に肩甲骨の裏側が重だるいのが気になっている。

仕事が忙しいと酷くなり、咳をした時にも症状を感じることがある。ただお風呂に入った後に肩を回していると少し楽になる気がするとのこと。

 

【初診時の症状と所見】

 脊柱起立筋、菱形筋、肩甲下筋、前鋸筋の過緊張

・第3肋骨の圧痛と肋間筋の過緊張

・肩関節と肩甲骨の可動性の低下

 

【施術の経過】

初回は脊柱と肩甲骨の調節を行い可動域を広げながら、肩甲下筋と肋間筋の緩和操作を中心に行った。次回以降は肋骨の調整も加え、姿勢矯正を含めてエクササイズの指導を実践。

4回目の来院時には症状がほとんど無くなっていたので、治療間隔を伸ばして月一回のメンテンスに移行した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースは肩甲骨と肋骨をつなぐ筋群が緊張してしまったことが原因でした。特にデスクワークのような同じ姿勢で長時間作業する方は肩甲骨が固くなり、肩甲骨周辺の筋肉が固くなると肋骨にも悪影響です。

そのため、肩甲骨を動かすエクササイズが実践できると症状の改善・予防になります。

こういった症状でお悩みの方は当院にご相談下さい。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

四十肩による肩の痛み(40代男性)

40歳 男性 用賀在住

 

【肩の痛みを訴え来院】

右肩周辺に違和感と痛み、夜中に右腕にかけて痛みを感じる。

思い当たる原因は、長年のデスクワークによる疲労と若い頃野球で肩を怪我したこと。

首の動きは問題ないが、肩を上に上げることができない。

 

【初診時の症状】

・右肩の腱板に圧痛あり。

・右肩のすべての可動域が5割ほど制限されている。

・腫脹や熱感などの炎症所見はない。

・レントゲンで石灰化は確認されなかった。

 

【施術後の経過】

10回の治療で可動域は5割、20回の治療で7割改善し、現在も月に一度の治療を行っている。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】

四十肩を患う患者さんは多いですが、皆さん比較的悪くなってからご来院されます。

今回ももう少し早く来ていただいていれば短い期間で症状が楽になっていたはずです。

幸いにも石灰化がなく、少しずつ治療により改善が見られていますので、回復までは時間の問題でしょう。

何もしないと痛みは楽になっても肩の動きが完全に元に戻らないこともありますので、注意が必要です。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

左指先のしびれを訴え来院(50代男性)

50代男性 会社役員 用賀在住

 

【左指先のしびれを訴え来院】

症状は3ヶ月前から気になるようになった。きっかけは少し重い荷物をもったことぐらいしか思い浮かばない。

今はじっとしていても親指から薬指あたりまでしびれを感じるが、特にマウスを使う動作をしたり、首を後ろに倒す時人気になる。病院ではレントゲンをとり、頚椎の5番、6番が狭まっていると診断された。3ヶ月経っても症状が改善しないのでなんとかしてほしい。

 

【初診時の症状】

  首を後ろに倒すと痺れ増悪

  マウスを使う姿勢で症状の悪化あり

  首の全面の筋肉(斜角筋)の圧迫で症状の悪化有り。

 

【施術の経過】

初回の調節後は症状が半減したので、そのまま3日間様子をみてもらった。

2回目来院時には首の動きでの症状誘発はなくなったが、マウス姿勢での改善はなかったため、肩胛骨周りを中心に施術を行った。

4回目から治療効果が持続するようになり、6回目の治療で症状は5分の1に軽減(本人の感覚)

さらに3回ほど施術を行い、症状の誘発がなくなったのでメンテナンスに移行した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースは首の問題(頚椎椎間板等)と、肩甲骨まわりの筋膜痛(トリガーポイント)の両方が関係していたようです。

頚椎の問題は1〜2回で再発することはなくなりましたが、鞄を持つ、マウスを使うなど使用頻度の高い、左肩甲骨の問題は少し時間がかかりました。ただエクササイズを含め、治療計画をしっかり守ってくださったので、その後の再発は無いようです。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

 

右手指先のしびれを訴え来院(40代女性)

45歳 女性 会社員 梶が谷在住

 

【右手指先のしびれを訴え来院】

症状は3ヶ月前から気になっている。思いあたる原因はない。特に電車の吊革に掴まっている時がつらい。酷いと指先だけで無く、肘辺りまでしびれが出てくる。既往歴は特にないが、血糖値が高く、インシュリン注射を毎日行っている。首を前後に倒してもしびれが出る事は無い。

仕事は受付をしており、PC作業が多い。

 

【初診時の症状】

  右胸を圧迫するとしびれの誘発あり

  右上腕筋の圧迫でしびれの悪化あり

  胸郭(肋骨)の硬さが全体的にあり

 

【施術の経過】

初回は胸郭出口症候群の小胸筋症候群を疑い、胸の圧迫を取るような調節を行った。2回目の来院時に症状の変化があまりなかったという報告を受け、栄養アンケートを実施。食生活の見直しとサプリメントのアドバイスを行い、週2回のペースで計6回の治療で症状が80%以上改善したので、治療間隔を延ばすことにした。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

症状は胸郭出口症候群の小胸筋症候群のようですが、施術を行っても筋緊張が取れなかったため、別の側面からアプローチをしました。今回の患者さんは血糖に問題があったため、血管性のしびれも疑い、食生活の見直しをアドバイスしました。アンケートでは副腎疲労症候群の疑いと、甲状腺機能低下の疑い等があったので、それにかかわる栄養アドバイスを実戦していただき、良い結果が出たようです。こういったケースもまれにみられます。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

20年前から慢性的な肩こりで来院(40代女性)


48歳女性  OL  用賀在住


【肩こりを訴えて来院】

20年以上前からの慢性的な肩こりを抱えて来院。思い当たる原因は、大学卒業以来ずっとデスクワークに職務し、運動もほとんど行なっていないので、身体が固まってしまったのだと感じている。
ここ3年は月に一度ほどマッサージや整体をうけてきたが、数日は軽くなるもののやはり辛さが耐えないのでカイロプラクティックを試してみようと決意した。
自分の肩こりがどのようになっているのか?治るのか?がとても気になる。
また、50代を前にして、このままでは本当に身体が大変なことになってしまうという焦りもあり、真剣に身体を変えていきたいと思っている。


【初診時の症状】

・僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋、脊柱起立筋に過剰な緊張、圧痛が確認された。

・上部頸椎、上部胸椎、骨盤関節の可動性が制限され、強い痛みが誘発された。

・脊柱のS字側湾が確認された。


【施術の経過】

Biotonix姿勢分析により、身体のアンバランス、筋肉の左右差、前後差などが確認できた。
検査結果に基づき、脊柱の矯正、筋膜のリリースをアクティブリリーステクニックとグラストンテクニックを行ない、10回の治療で40%改善した。
その後一ヶ月に一度の治療と、ご自宅で必要なエクササイズを行なっていただき、初診から3ヶ月経過し60%以上の改善を保てている。


【担当カイロプラクターのコメント】

20年以上前からの慢性症状で、定期的な運動やケアをしてこなかった場合、筋肉組織自体が変性し、コラーゲンなどの分子構造に変化が起こっている可能性があります。
こういった変化のことを、病気ではなく機能病理と呼ぶ事があり、命に別状はないけれども機能的に健康状態に悪影響を与えてしまいます。
今回の問題も、機能病理が進行していた可能性があります。
こういった場合、マッサージなどではなかなか持続的な改善が期待できなくなります。
そのため、慢性的な筋肉、筋膜の問題に強いアクティブリリーステクニックとグラストンテクニックを選択し、さらに身体のバイオメカニクスや柔軟性と筋力を改善させるためにカイロプラクティック治療とご自宅でのエクササイズピラティスを行なっていただきました。
今回のケースでは、3ヶ月経過時点で60%の改善ということで、決してかなり良好な経過ではありませんが、根深い問題に対しても諦めずに治療する事で改善していくことが分かったケースでした。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

ストレッチ中の肩の違和感と不安感を訴え来院(20代女性)

20代女性 会社員 用賀在住 


【ストレッチ中の肩の違和感と不安感を訴え来院】

半年ほど前に、趣味のダンス前のストレッチをしている時に、肩が軽く抜けたように感じがあった。
すぐに戻ったため、そのままダンスをおこなった。
その後、肩のストレッチをしようとすると何度か同じような事があったが、特に医療機関に受診することはなかった。
しかし、先週末にダンスをしている時に、肩が抜けるように感じた後からは痛みが現れ、翌日も痛みがあったため来院された。

当院で問診・検査し、まずは提携の整形外科にて画像診断をして頂くことにした。
その後整形外科に行きMRIを撮影し「右肩関節不安定症」と診断され、保存療法を選択された。


【初診時の状態】

・肩関節前方不安感
・肩の筋肉の筋力低下


【施術後の経過】

初期治療では肩甲骨の調節と肩のテーピングを行い、弱化している肩の筋肉のエクササイズを指導した。
その後週に1回の治療を6回と肩の状態をチェックしつつ、エクササイズの強度を上げていった。

現在テーピングはつけているものの痛みはなく不安定感も軽減した。
今後は全身のメンテナンスと並行して、肩のエクササイズの強度を調節していく。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回の症例は、肩関節の脱臼及び亜脱臼後の症状であると考えたため、提携の整形外科でのMRIにて損傷部位の断定を優先させました。

損傷部位は関節唇と上腕骨頭という関節の安定化に大きく関与する部位でした。

肩関節は広い可動域をもつ半面、骨性の支持が乏しく不安定になりやすいです。そのため、転倒や外力により、95%以上が前方への脱臼をおこします。急性の症状では1回目に損傷することもありますが、今回の症例では不安定な状態で運動を続けた事が原因での痛みの発生だと考えました。

脱臼やそれに類似した肩関節への負荷により、肩関節の安定性に関与する静的な機能が破綻し、動作時の不安定感や再脱臼を繰り返します。

また、肩甲骨は肩関節の外力を緩衝する機能をもつため、肩甲骨に制限があると、緩衝機能が低下し、肩関節への負担が増大するため、今回は肩甲骨の治療を行いました。

肩の腱板筋と言われる筋群は肩関節を鷲掴みするように存在し、肩関節の不安定性の制動に関与しているため、腱板筋(特に肩甲下筋)の筋力強化訓練が重要になります。

スパイナルケアでは、今回の症例の様に、外傷性疾患や危険性が高い症状に対しては、提携医療機関へのご紹介をさせて頂きます。
そのため、病院に行くべき症状かで迷っている方は、まず一度スパイナルケアにご来院いただければ、ご相談も承っております。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

肩こりを訴え来院(40代女性)

43歳  女性 OL 用賀在住


【肩こりを訴えて来院】

10年以上前からの慢性的な肩こりで、徐々に悪化傾向にある。思い当たる原因は、子供の頃に追突事故にあい、整形外科でレントゲン撮影をしたところ、頸椎に変形した跡が確認されたことが関連している可能性がある。長時間のデスクワークもかなり肩こりに悪影響を与えており、睡眠不足が続いている。 マッサージや鍼の治療を受けることもあるが、一時的な改善しかなく、困っている。


【初診時の症状】

・僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋に過剰な緊張、圧痛が確認された。

・上部頸椎、上部胸椎の可動性が制限され、強い痛みが誘発された。

・円背であり、S字側湾が確認された。


【施術の経過】

脊柱の矯正、筋膜のリリースをアクティブリリーステクニックとグラストンテクニックを用いて行ない、5回の治療で70%改善した。その後一ヶ月に一度の治療と、ピラティスのリハビリのために二週に一度通院していただいており、初診から3ヶ月経過したが90%以上の改善を保てている。


【担当カイロプラクターのコメント】

10年以上前からの慢性症状であり、交通事故で頸椎に変形があるため、通常のカイロプラクティック治療ではこの肩こりの治療は難しいと判断しました。そのため、慢性的な筋肉、筋膜の問題に強いアクティブリリーステクニックとグラストンテクニックを選択し、さらに身体のバイオメカニクスや柔軟性と筋力を改善させるためにピラティスをリハビリテーションとして行なっていただきました。慢性的な問題は多くの方が改善を諦めており、一時しのぎのマッサージなどに頼っていることが多いですが、正しい選択をすることで大きな改善が期待できると思います。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

四十肩で来院(50代男性)


50代男性 自営業 世田谷区在住


【肩の痛みで来院】

一ヶ月前に右後ろのゴミ箱に物を投げ入れようとしたときに、右肩を痛めた。

そのときは右肩が伸展するような格好で投げ入れたが、その瞬間的に痛みなどはなく、気がついたら痛みがあった。そのままにしておけば治るかと思ったが、変わらない。

今は安静にしていると痛みはないが、肩を後ろに回そうとしたり、腕をついて肩を回そうとしたりすると痛みがある。


【初診時の状態】

・肩の外転・内旋・伸展により症状増悪

・小円筋・大円筋・棘下筋・肩甲下筋の過緊張と圧痛

・肩関節の関節機能の低下


【施術後の経過】

初回は肩関節とそれに関わる筋肉の調節を行い、治療後には肩の可動域が少し上がり痛みも弱くなっていた。8回目の治療終了後には肩を動かしても気にならない状態まで症状の軽減が見られた。


【カイロプラクターからのコメント】

今回のケースは右肩を動かした際に肩周囲が炎症を起こし、肩関節が癒着してしまい、肩を動かすことができなっていました。その結果筋肉が固まって痛みが出てしまっている状態でした。これは典型的な四十肩といわれる症状です。他には朝のこわばり・痛みなどもあります。こういった肩の症状でお困りの方は是非スパイナルケアにご相談ください。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/