用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 股関節痛

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

股関節痛

お尻の痛みを訴え来院(40代女性)

40歳 女性 用賀在住

 

【お尻(右股関節)の痛みを訴え来院】

3日前にジムでダンスをしている最中にお尻の横に鋭い痛みを感じた。それ以来、歩行や階段昇降(特に上り)がきつい。座ったりじっとしていれば問題ないのだが、動き始めと歩行中のどこかのタイミングで鋭い痛みを感じる。一瞬に力が入らなくなり、立っていられなくなる。ジムには1年通っているが今回の痛みは初めて。ダンスを始めて2週間くらい。日増しに痛みはなくなると思ったが、思ったほど改善しないため、ジム仲間の紹介で脊椎ケアセンター(スパイナル用賀)で診てもらうことに。

 

【初診時の症状と所見】

 - 胸椎、腰椎の可動域の低下

 - トレンデレンブルグ(片足立ちテスト)- 痛みのため検査不能

 - 股関節、内転、外転で痛みを誘発

 - 大腿筋膜張筋に筋硬結

 - 腰椎の可動低下

 - 中殿筋、小殿筋、TFLの過緊張

 - 右足関節の可動低下

 

【施術の経過】

初回には、体のバランスを整える脊柱の治療と、股関節周囲の筋の筋膜治療を中心に行った。片足立ちの痛みは70%改善したが、階段昇降の上りでまだ少し痛みが残っていたため、2回目以降は、股関節と足関節のアジャストメントも追加し、さらに自宅でできる股関節周囲筋に対するエクササイズを処方したところ、3回目にはほぼ痛みは消失。4回目以降は、正しい歩行、姿勢矯正など、根本治療にかかわることに主眼を置き、足関節、骨盤、脊柱を中心に治療。現在(8回目)は月1回のペースでメンテナンスのために来院している。現時点で再発はしていないが、しっかり自宅でのケアを継続頂いている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースは、原因組織は大腿筋膜張筋でした。ヒップホップ系の激しいダンスで、足を内旋位で激しく動かしたことが原因だと考えられます。大腿筋膜張筋は、股関節外転筋として、また股関節を横から支えて体の横方向の安定を図る、とても大切な筋肉です。またこの筋肉は、腸脛靭帯(ももから膝下までつながる靭帯)にもつながっており、ランナーが膝を痛める原因の一つでもあります。「お尻の横」「お尻の中」が鋭く痛いと思ったときは、大腿筋膜張筋の痛みを疑ってみると、早期解決につながるかもしれません。痛めると激痛が走るだけでなく、放置するとその後の治療が長引きやすくなるため、早めに治療されることをおすすめいたします。もし同様な症状をお持ちでしたらぜひご相談ください。

 

左股関節の痛みを訴え来院(60代女性)

65歳女性 主婦 用賀在住 

 

【初診時の問診】

左股関節の奥に痛みを感じる。痛みのために、長時間歩くのが辛い。

運動不足で体重が増えてきた。整形外科では変形性膝関節症と診断され、ヒアルロン酸注射を打っている。

 

【検査の所見】

・左股関節周辺に圧痛あり。

・左股関節の外旋、内旋に動きの制限あり。

・可動域検査で関節内部からコリコリと音がする。

・レントゲンで関節腔の狭小化が確認できる。

 

【施術後の経過】

医師の診断通り変形性股関節症の所見がいくつかあるため、筋肉と関節の柔軟性と 耐久性を高めるためのケアとリハビリを行った。

また、長時間歩くことができないため、プールでの歩行運動、水泳を行っていただいた。

10回目の来院時には痛みと可動域は3割ほど改善した。

20回目(約3ヶ月)の来院時には5割改善。 現在も治療を継続中。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】

変形性股関節症は徐々に進行し、最終的には手術に移行することが多い疾患です。 歩くことができなくなりますので、健康への影響は非常に大きいです。

   関節と筋肉の柔軟性と耐久性を高めること。

   負担を軽減するため体重コントロールや姿勢のバランスを整えること。

この二つのポイントが特に重要となり、定期的なリハビリを正しく行うことが重要で、できる限り早くスタートすることが大切です。

お困りの方は、一度お気軽にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

股関節の痛みとパフォーマンス向上目的で来院(30代男性)

38 歳男性 会社員 用賀在住

 

【股関節の痛みとパフォーマンス向上目的で来院】

5 年前から本格的に走りはじめ、今はフルマラソンに年数回出場している。

1 年ほど前から 30km ほど走ると左股関節の痛みが強くなり、思うようなタイムが出せない。ここ 4 年間はほとんどケガも無かったが、走りはじめた 1 年目は右足の捻挫や左膝の痛みなどを経験した。

 

【初診時の検査結果】

・左肩がやや下がり、首も左に傾いている。また骨盤の左右差もあり

・重心バランス検査では、右足の片足立ちで大きなブレあり

・左側の大腿四頭筋、大腰筋、腰部の筋緊張増加

 

【施術の経過】

今回はパフォーマンス向上目的だったので、初回に姿勢評価検査から行い、さらに食事のアンケートも採りました。

右足のバランスの悪さをかばうために左股関節や膝に負担のかかりやすい身体になっており、さらにその状態で筋肉をつけたため、中々戻りづらい身体でした。

3 回目からは栄養の指導も行い、固い筋肉を柔らかくするようなエクササイズや生活習慣を処方していきました。

4 回目からは症状が大きく改善し、30km 以降も快適に走れるようになったので、間隔を延ばしながら様子を見ていくことにしました。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回のクライアントは月間走行距離が 500km 以上という本格的なランナーでした。

痛みは筋肉のアンバランスによるものでしたが、もともとの原因は 4 年間の右足首捻挫でした。そのまま数年間放っておいたため、筋肉、さらには骨格まで左右非対称になったようです。

治療はクライアントの癖を直しながら、週 1回のペースで、治療とエクササイズを行い、4 回目から癖も改善し、股関節の痛みも出なくなりました。

今では痛みが出る事も無く、月 1 回のメンテナンスに移行しています。患者さん曰く、念願のサブ 2.5 もクリアしたそうです。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

右股関節の痺れを訴え来院(60代女性)

65歳女性 主婦 二子玉川在住

 

【右股関節の痺れを訴え来院】

15年前に右足の強いしびれでトムソン治療を15回ほど受け、去年まではまったく問題がなかったが、去年からまたしびれが気になるようになった。同じ治療院を受けたかったが、引退していたので近くのこちらを受診した。

現在は椅子から立ち上がる動作や靴下を履く動作で時々しびれと痛みがでる。〔痛みは10段階で67

また、自分では気がつかなかったが夫から右腰が出っ張った状態で歩いていると指摘された。

 

【初診時の症状】

  姿勢検査ではお尻から右にずれている

  左右の骨盤左右上下差あり

  お尻の筋肉(中殿筋)の張り感あり

 

【施術の経過】

もともとトムソンテーブルによる治療のみを希望していたが、検査結果を説明し、一緒に殿部治療を行うことを承諾してもらった。

初回で50%以上の改善あり。2回目以降は筋肉に対する治療を積極的に行い、3回で症状はほぼ消失。現在は1ヶ月に1回のメンテナンス治療を行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

トムソン治療とはトムソンテーブルというドロップ付きのテーブルで身体への負担を少なくした治療です。

患者様は当初トムソンのみを希望されていましたが、同時に筋肉の調節を行うことで症状が数倍早く改善することを説明し、納得し調節を受けてくださいました。現在は特に再発もなく、趣味のストレッチ教室にも元気に通っているようです。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

妊娠中のお尻と股関節のしびれ(20代女性)

20代女性  主婦 用賀在住

 

【妊娠中のお尻と股関節の痺れを訴え来院】

現在、妊娠32週目であり、1週間ほど前から右お尻から股関節にかけてしびれを感じるようになった。思いあたる原因はない。

症状は何をすると出るというのではなく、ふとした動きでビリビリっと痛みに近いような感覚である。

以前はジョギングを良くしていたが、妊娠がわかってからはほとんど運動していない。 

その他、気になる症状としては腰がおもだるくなってきたことぐらいである。

 

【初診時の症状】

  腰を反らす動作(伸展運動)で腰痛あり

  検査中、仰向けからうつぶせにかわる動作でしびれの誘発あり

  お尻まわりの筋緊張と圧痛(押した痛み)あり

 

【施術の経過】

動きでしびれが誘発されることから、下部胸椎や上部腰椎(腰の上の方の関節)の神経が圧迫されておこるメイン症候群と判断。

引っかかりをとるような調節を行い、治療後はしびれがでなくなった。その後、3回ほど繰り返し調節したが、しびれは出なくなったのでメンテナンスへ移行した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

妊娠中は腰が反り腰になるため、腰部の神経が圧迫されやすくなります。今回の症状も、反り腰によって腰部の筋肉が硬くなり、股関節やお尻に行く神経を圧迫していたことが原因のようです。この妊婦さんは無事出産し、現在は産後ケアを1ヶ月に1〜2回ほどメンテナンスとしてうけています。

*当院のベッドは妊婦さんでもうつぶせになれるカイロプラクティック専用ベッドを使用しています。妊娠中でお困りの方はぜひご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

東京マラソン後の膝の痛み(30代男性)

30代男性、会社員、桜新町在住


【東京マラソン後の膝の痛みを訴え来院】

先日の東京マラソンの25km地点ぐらいから痛みが出始めた。痛みは徐々にひどくなり、35km付近からは歩くのも辛かった。 東京マラソン出場のため、この半年間は毎月100kmぐらい走っていたが痛みが出ることは無かった。考えられる原因として、20km以上連続して走ったことがないのと、2ヶ月前に靴を新しく購入したことぐらいである。


【初診時の症状】

・ ハムストリングと大腿四頭筋(ふともも前面と後面)の痛みあり 

・ 骨盤の左右さあり

・ 股関節の圧痛あり


【施術後の経過】

問診と検査結果から膝の中の問題よりも、外側の問題であることがわかったので、骨盤と腰部、さらには関連する筋肉をFAKTR治療で改善。治療後は来院時の痛みが3分の1に減少した。3日後の来院時には筋肉痛も改善し、膝の痛みもほとんど気にならなくなったのでメンテナンスに移行した。


【担当カイロプラクターのコメント】

ランニング特有の膝の痛みです。ランニングで痛める代表的なものに腸脛靱帯炎がありますが、今回の症例は大腿四頭筋とハムストリングとよばれる太ももの筋肉の酷い筋肉痛(筋挫傷)が原因だったようです。また元々の原因を探ってみると、クッション性の高い靴に変えた事が原因のようです。 足のクッション性が高くなると、それよりも上にある膝や股関節がぶれるため、痛めやすくなります。今回の患者様もそれに該当すると思います。


ご相談、ご予約はこちらから 

http://www.spinalcare.jp/salon/


股関節の痛みとパフォーマンス向上目的で来院(30代男性)

38 歳 男性 会社員 用賀在住


【股関節の痛みとパフォーマンス向上目的で来院】

5 年前から本格的に走りはじめ、今はフルマラソンに年数回出場している。
1 年ほど前から30km ほど走ると左股関節の痛みが強くなり、思うようなタイムが出せない。
ここ4 年間はほとんどケガも無かったが、走りはじめた1 年目は右足の捻挫や左膝の痛みなどを経験した。


【初診時の検査結果】

・左肩がやや下がり、首も左に傾いている。また骨盤の左右差もあり
・重心バランス検査では、右足の片足立ちで大きなブレあり
・左側の大腿四頭筋、大腰筋、腰部の筋緊張増加


【施術の経過】

今回はパフォーマンス向上目的だったので、初回に姿勢評価検査から行い、さらに食事のアンケートも採りました。
右足のバランスの悪さをかばうために左股関節や膝に負担のかかりやすい身体になっており、さらにその状態で筋肉をつけたため、中々戻りづらい身体でした。

3 回目からは栄養の指導も行い、固い筋肉を柔らかくするようなエクササイズや生活習慣を処方していきました。

4 回目からは症状が大きく改善し、30km 以降も快適に走れるようになったので、間隔を延ばしながら様子を見ていくことにしました。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回のクライアントは月間走行距離が500km 以上という本格的なランナーでした。

痛みは筋肉のアンバランスによるものでしたが、もともとの原因は4 年間の右足首捻挫でした。そのまま数年間放っておいたため、筋肉、さらには骨格まで左右非対称になったようです。

治療はクライアントの癖を直しながら、週1回のペースで、治療とエクササイズを行い、4 回目から癖も改善し、股関節の痛みも出なくなりました。今では痛みガ出る事も無く、月1 回のメンテナンスに移行しています。

患者さん曰く、念願のサブ2.5 もクリアしたそうです。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

右股関節痛を訴え来院(30代女性)

30代女性 会社員 桜新町在住


【右股関節痛を訴え来院】

右股関節は3年ほどまえから気になるようになった。
クラシックバレーを幼少の頃から行っているが、この6年ぐらいで週5~6回ぐらいの割合に変えたのが原因かもしれない。
股関節の痛みは歩行中に感じることが多い。
特に筋肉が疲れてくると酷くなるような気がする。
また、今年の8月ぐらいに左足首を軽く捻挫した。今は痛みはない。

肩こりや首のこりは事務仕事をしているので、慢性的にある。特に右側がつよい。


【初診時の状態】

・外側広筋の過緊張

・大腿四頭筋の過緊張

・右仙骨の圧痛

・歩行により症状増悪


【施術後の経過】

初回は腰部・骨盤と外側広筋の調節を行った。
次回来院時には股関節の症状はかなり軽減しており、自覚症状もほぼない状態とのこと。
2回目の治療からは腹筋のエクササイズ・頚部・骨盤への調節を追加した。
5回目の来院時には股関節の痛みを感じない状態だったため、次回以降から月1回のメンテナンスに移行している。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回の症状は左右の筋力のアンバランスが原因で起こっていました。
身体を鍛えることは非常に良いことではありますが、正しいトレーニングや左右の筋力をバランスよく鍛えていかないといけません。
でないと間違ったトレーニングでのケガや筋力のアンバランスで片方に過剰に負担がかかり症状が出ることも少なくありません。
当院では患者さんに合わせたトレーニング・エクササイズを指導させていただくので、お気軽にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

右足の痛みで来院(30代女性)


30代女性 会社員


【右足の痛み】

右足つけ根の痛み 右スネ外側の痛みを訴え来院
つけ根の痛みは今年の5~6月からである。元々からだが固く、前屈で右が行かないのが気になっていた。ストレッチを強めに行い右側に負荷をかけて傷めてしまった。
症状は歩くだけでつらい状態だったので整体治療をうけ、大分よくなったがまだ右股関節の根本の痛みは続いている。
元々、右は坐骨神経痛があり、4~5年前からつらくなると右足後面にしびれ(違和感)が出る。また右のスネが張りやすくなっているのも昔からである。
既往歴は左足首捻挫(全治2か月)を15年前 左小指骨折(足)を12年前にしている。


【初診時の症状】

・右大腿直筋の過緊張と圧通
・梨状筋の過緊張と圧通
・後脛骨筋の筋力低下
・股関節の可動域減少


【施術後の経過】

初回から5回目まで足の調節をメインに行い、それに加え右大腿直筋・梨状筋の緩和操作、股関節のストレッチによって右足の症状は減少した。
現在では2か月に1回の頻度で、症状が辛くなる前に来られています。


【担当カイロプラクターのコメント】

今回のケースでは大腿直筋と呼ばれる筋肉が緊張していました。この筋肉のスジも傷めているようでした。ですが、もともと右足が硬いというのが原因だと思われます。おそらく左の捻挫をかばうために右の筋肉が緊張し、その影響で太股も硬くなったのだと考えます。また、後脛骨筋と呼ばれる足の動きに関わる筋力がほとんどありません。これもバランス低下の原因になりますので重要なポイントでした。こういった足の症状は様々な問題が重なって起こっている場合が多いです。なので軽く考えず、一度スパイナルケアで検査を受けてみてください。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰痛で来院(40代男性)

40歳男性 会社員 目黒在住 


【腰痛で来院】

1年前から左下腰部に張りを感じていて、3か月に1回くらいはスポーツジム併設のマッサージでやってもらうが、直後には改善しているがすぐに戻ってしまう。
ここ1~2ヶ月で症状強くなり、特に朝起きたときに感じることが多い。
また、ごく最近から両膝を抱え込むような動作になると左股関節の内側に違和感を感じるようになった。


【初診時の状態】

・腰部の右凸側弯
・腰方形筋の過緊張と圧痛
・股関節内転・外転筋の過緊張
・腰部の関節機能の低下


【施術後の経過】

初回から3回目までは腰部・股関節共に筋肉・関節の調節を行った。腰部の症状は3回目までの治療でなくなったが、股関節の痛みは少し残っているとの事だったが、ご自宅で当院で指導したストレッチを2週間続けていただくと症状は楽になっていった。

現在では再発予防とストレッチの確認のため1ヶ月に1回治療を受けられています。


【カイロプラクターからのコメント】

腰部・骨盤の筋肉が固まってしまうと骨盤に付いている股関節に負担がかかってしまいます。今回は腰部・骨盤の固さを取り除き、股関節の負担を減らしストレッチを行なっていく事で症状が改善して行きました。ストレッチは日々の負担を減らし、自分で身体のケアができるのでとても重要です。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/