用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 側弯症による背中の痛みを訴え来院(10代女性)

開院10周年の感謝をこめて

スパイナルケアの症例報告

側弯症による背中の痛みを訴え来院(10代女性)


19歳女性 学生 駒沢在住 

側湾症による背部痛を訴え来院
中学生の頃に側弯症と診断され今も経過観察をしている。コルセットなどの矯正具も一時着用していたが、かえって腰や背中に痛みが出てくるので今はしていない。
普段の痛みは張ったような感覚であり、時折ズキっとするような鋭い痛みも現れる。最近は受験勉強の影響で、鋭い痛みの頻度が増えてきた。


【検査所見】

・持参したレントゲンで確認したところ、コブ角35度
・前屈で胸椎右突側弯確認
・右胸椎棘突起の全体的な圧痛あり


【施術後の経過】

複数の骨盤ブロックを使って側弯が軽減するようなポジションで全身の施術を行った。施術は主にモビリゼーション(関節を軽く繰り返し動かす)で調節を行った。
5日後の再来院時には痛みのVASが半減した状態を保てたという。2回目の調節後から、背中の張り感が強くなったときに連絡して調節を受けるようにマネジメントした。
現在は月に1~2回の頻度でメンテナンスを受けている。


【担当カイロプラクターからのコメント】

解剖学的側弯症に対しては、カイロプラクティック治療で形状が変わることはありません。しかしながら、動きを改善することで、鋭い痛みや背中の張り感などの症状緩和にはなります。
今回のケースでは側弯症による関節の引っかかりが痛みを出していたようです。そのためカイロプラクティック治療によって動きを正常に整え、この引っかかりが起きづらい状態にしました。
残念ながら側弯症が調節で治ることはありませんので、定期的なメンテナンスが必要となります。