用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 腰痛

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

腰痛

腰の痛みと足のしびれを訴え来院(40代女性)

40歳女性 会社員 用賀在住

 

 【腰の痛みと足のしびれを訴え来院】

1週間前に階段で滑ってしまい腰をぶつけ、腰痛になってしまった。

一応整形外科で診てもらったが、骨には問題はないと言われたので安静にしていたがあまり良くならない。今ではだんだん足のしびれも感じるようになってきている。

特に身体を前にかがめる動きは辛いので、ベットから起き上がるのも苦労する。

心配になりネットで調べた結果、当院のHPに似たような症状が載っていたため来院された。

 

【初診時の状態】

・腰部前屈で症状が悪化

・殿部からふくらはぎにかけてのしびれ

・腰方形筋、殿筋群、ハムストリングの緊張と圧痛

・腰部と骨盤の可動性の低下

 

 【施術の経過】

初回は骨盤の調整をメインに殿筋群の緩和操作も併せて行った。2回目は骨盤の調整に加えて腰部の動きと周辺の筋バランスを整えた。

3回目の来院時には腰の痛みと足のしびれはほとんどなくなっていたので、様子を見ながら治療間隔を伸ばし月1回のメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

このケースは仙腸関節症候群といわれるものだったようです。

原因としては腰を痛めたことで骨盤に負担が強くかかり、腰痛としびれが出ていました。

今回は腰を打ったという外傷がありましたが、姿勢の悪さや長時間の作業などの慢性的な負担でもなる場合があります。

こういった症状でお悩みの方は是非スパイナルケアにご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰の痛みと背中の違和感を訴え来院(30代男性)

30歳男性 会社員 用賀在住

 

 【腰の痛みと背中の違和感を訴え来院】

2~3ヶ月前から腰の痛みが強くなり、最近では背中にも違和感を感じるようになった。

長時間座ってから、立ち上がる時が辛い。朝起きたときにも痛みを感じる時がある。

学生時代にはラグビーをやっていて怪我も多かったので、慢性的に腰の違和感があった。仕事はデスクワークで、ここ10年は身体を動かす機会もないため、運動不足が原因かもしれないと思っている。

 

【初診時の状態】

・かがむ動作と座り立ちで腰痛が出る

・大腰筋、腰方形筋、中殿筋の緊張と圧痛

・腰椎と骨盤の可動性低下

 

【施術の経過】

初回は腰を支える筋肉のバランスと腰椎の動きをチェックし、背骨の調整を行った。

2回目は腰のストレッチやエクササイズを追加して、主に体幹のトレーニングを自宅でも実践していただいた。

5回目の来院時には身体の可動域も広がり、腰痛を感じなくなっていた。自宅で身体を動かすようになったので、運動不足も解消され、腰だけでなく身体全体の調子が良くなった。

現在は自宅でのエクササイズをメインにして月に一度のメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回は腰の筋肉のバランスが崩れたことによって、症状が酷くなっていたようです。

仕事がデスクワークで運動不足の方は、主に腹筋(インナーマッスル)と背筋が弱くなります。そうなると体幹を支えられず腰に負担が集中します。

負担を軽減するためには姿勢の矯正と体幹のトレーニングが必要で、さらにエクササイズを続けることで腰痛の再発予防にもなります。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰の違和感と足のしびれを訴え来院(60代男性)

60歳男性 会社員 用賀在住


【腰の違和感と足のしびれで来院】

もともと腰痛は感じていたが、23か月前から左足のしびれを感じるようになった。すぐに整形外科で診てもらったところ大きな問題は見つからなかった。

それからマッサージや鍼灸もためしてみたがあまり効果はなく、たまたまネットで見つけたスパイナルケア用賀に来院された。

症状は階段の上り下りが一番辛く、じっとしていてもしびれてくる時もある。


【初診時の状態】

・歩行時に腰の違和感

・階段の上り下りで左足のしびれ
・腰方形筋、梨状筋、中殿筋の緊張と圧痛 
・腰部と股関節の可動性低下


【施術後の経過】

初回の治療後に歩いてみると腰の症状がなくなり、足のしびれも軽減していた。2回目の来院時には階段の上り下りは楽になり、3回目には足のしびれは感じなくなっていた。
初回から5回目までは1~2回/週のペースで来院して頂き、5回目以降は症状が改善していたので治療期間を開けて、現在はチェックとメンテナンス治療に移行している。


【担当カイロプラクターのコメント】

慢性腰痛は放置しておくと、さまざまな影響を身体に及ぼします。

反り腰などの姿勢の変化・骨盤の歪みや周囲の筋肉のバランスなどに問題が出ます。

今回のケースでは骨盤の歪みと梨状筋などのお尻の筋肉の緊張が主な原因でしたが、背景にはもともとあった腰痛が大きく関わっていたようです。

このような場合は早めの処置がとても有効ですので、同じような症状をお持ちの方はぜひスパイナルケアにご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

産後の腰痛と骨盤周囲の痛みを訴え来院(30代女性)

35歳 女性 用賀在住


【産後の腰痛と骨盤周囲の痛みを訴え来院】

産後1か月ぐらいから骨盤周辺が痛むようになり、産後3か月目には腰痛も辛くなってきている。

産前にはなかった症状だったため不安を感じて、当院(スパイナルケア用賀)に来院された。

子供を抱っこする時や腰をかがめる動作等で痛みがあり、座っていると坐骨周辺にも痛みがある。立って歩いていると少し楽になってくる。

 

【初診時の症状と所見】

・骨盤周囲の痛みと張り

・股関節と腰部の可動性の低下

・腰方形筋、中殿筋、梨状筋の緊張と圧痛

・歩行時に身体のバランスに問題あり

 

【施術の経過】

初回は骨盤のゆがみと筋肉のバランスを整え、骨盤ベルトを使用してもらい日常生活を過ごしてもらった。

2回目の来院時には症状が少し楽になっていたので、腰の可動性と骨盤の調整をして体幹のエクササイズの指導を行った。

5回目の来院時には日常生活でほとんど症状を感じなくなっていたので、現在ではメンテナンスに移行しています。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

出産後は色々な身体の変化があります。女性ホルモンのバランスの乱れによる症状や家事・育児による筋骨格系の問題など様々なものがあり、今回はその中の出産後の骨盤のゆがみが主な原因だったようです。

骨盤のゆがみをリセットするためには3つのアプローチが必要です。

1.骨盤の矯正 2.骨盤ベルトによるサポート 3.体幹のエクササイズ

骨盤のゆがみを取り除き、その状態を骨盤ベルトでキープした上で体幹のエクササイズで筋力を強化して骨盤を安定させます。

この一連の流れがスムーズに出来たことが症状の回復につながったようです。

骨盤ベルトの付け方やエクササイズの指導も当院で行っておりますので、産後の症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

姿勢矯正で来院(20代女性)

28歳 女性 用賀在住

 

 姿勢不良を訴え来院】

10代後半から慢性的な肩こりや腰痛を感じている。マッサージに定期的に通うも、一時的には楽になるがすぐに戻ってしまう。同じくらいの時期から自分の猫背や左右の肩の高さの違いが気になっており、友人に外見を指摘されたこともある。鏡でみると身体もねじれているような気もする。肩こり腰痛と姿勢が関係しているのではと思い、脊椎ケアセンター(スパイナルケア用賀)に来院することに。

 

BIOTONIXの結果 】

※BIOTONIX とは、カナダBIOTONIX社の姿勢分析ツールです。

・左肩が高く、頭が右に倒れている

・身体の重心の位置が適正値よりも右後方にずれいている

・左上腕の内旋、左前腕の回内により手の甲が前面を向いている

・頭が前方に位置すると同時に骨盤が後傾している

・右大腿部が外旋し、膝関節、足関節も外旋傾向

 

【初診時の症状と所見】

・胸椎、肋骨の可動性低下

・左右の大胸筋の強い筋緊張

・右の仙腸関節の可動低下、押圧痛。

・ハムストリングの短縮(左右ともに)

・左の手関節、肘関節の可動低下。

・頚部クレーンネック

 

【施術の経過】

初回は、まずは身体の土台となる足、骨盤の施術を行った。3回目までに足の外旋と骨盤の後傾は改善。ただし、ハムストリングの緊張が強く、骨盤矯正が戻りやすい状態であったため、同時にしっかり自宅で股間節のストレッチをして頂いた。4回目以降は、脊柱(首、胸、腰)と肩、手を中心に施術した。6回目までに、胸椎の可動性や肩、首の位置なども大きく改善したものの、普段のデスクワーク中に再び悪化してまった。対策として、姿勢と呼吸法の指導を行い、お仕事中も最低20分に1回は姿勢と呼吸を見直して頂いたところ、8,9,10回目では、姿勢矯正に加えて肩こり腰痛も軽減。現在は、エキササイズを継続してもらいながら1/月のペースでメンテナンス目的で来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

肩こり・腰痛の大きな要因の1つに「姿勢」があります。2足歩行を行う人間にとって、正しい姿勢とは、身体の各部位が理想的に配列されており、最小の力で最大の支持を得られるような体位のことです。これが崩れると、肩こり・腰痛だけでなく、頭痛、目の疲れ、内臓疲労や歩行障害など様々な問題が発生します。また、姿勢は立っている時だけでなく、机に向かっている時、歩いている時、台所で料理をしているとき、自転車に乗っている時など、さまざまな状態において理想が保たれることが重要です。動いている時の姿勢を気をつけることは大変なことですが、身体を守る上でとても大切なことです。まずは静止時の正しい姿勢をしっかり身体に刻みこみ、それが出来たら動作時の姿勢も意識すると良いでしょう。客観的な評価と骨格・筋肉の調整をご希望の方はご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

腰痛と臀部のしびれ(40代男性)

41歳 男性 用賀在住

 

【腰痛と左臀部のしびれを訴え来院】

下部の腰に痛みを感じていて、朝はこわばりがあり夕方以降は痛みが増す。

腰を後ろにそらすと痛みが強くなり、左臀部にはしびれを感じる。

思い当たる原因は、長時間のデスクワークにより負担がかかっていたためだと本人は思っている。

 

【初診時の症状】

・腰椎伸展時に愁訴が誘発される。

・触診により、第5腰椎/1仙椎の関節に痛みと可動制限あり。

・レントゲンでトロピズムの所見があり、わずかに変性がみられる。

 

【施術後の経過】

L5/S1椎間関節症候群と判断し、施術を行った。

3回目の来院時に5割ほど改善し、5回目には8割ほど改善した。

現在自宅でのリハビリと毎月一度のケアを継続している。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】

長いデスクワークと腰が前に反った姿勢は椎間関節に非常に強い負担がかかります。椎間関節に負担がかかり続けると、軟骨は磨耗し、関節に変形が起き始めます。

腰はもちろんお尻の方までしびれが広がることがあります。

これを椎間関節症候群といいますが、今回のケースもそれに当てはまるものだったと考えます。

思い当たる方は当院にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

慢性的な腰痛を訴え来院(40代女性)

44歳 女性 会計士 二子玉川在住


【慢性腰痛を訴え来院】

 この症状は3ヶ月以上前から気になり続けている。

思い当たる原因は、デスクワークで腰に負担がかかっていること。

また、今までに何度かギックリ腰を経験したことも関係しているかもしれない。

何もしていなくても痛みを感じることもあり、日常生活にも支障をきたいる。

仕事はもちろんだが、痛みのために強いストレスを感じている。

ヨガやストレッチをしても改善がみられない。

 

【初診時の症状】

・身体を前に曲げると腰から腿の後ろにかけて強い張りがある。

・腰からお尻の筋肉に非常に強い緊張があり、少し強く押すと痛みを感じる。

・歩いている時は比較的楽で、立っていたり座っていると痛みが強くなる。

 

【施術の経過】

いくつかの所見から、脊柱のバランスが大きく崩れ、姿勢を支えるための筋肉が非常に弱くなっていることが確認できた。

そのため、背骨のバランスを整えるための手技療法と、良い姿勢を維持するためのエクササイズを処方した。

現在、15回の治療を実施し、5割以上の改善が見られ、生活に支障はきたさないレベルまでになった。

仕事中の辛い痛みから改善され、ストレスレベルもかなり軽減している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

3ヶ月以上痛みが続く場合、医学的には慢性腰痛と定義されます。

慢性腰痛は急性腰痛とは異なり、必ずしも筋肉や関節に損傷や炎症が生じているわけではなく、脳の記憶やストレス、弱くなった筋肉や食生活など様々な影響を受けていることがわかっています。

適切な判断とケアを行うことで、改善スピードは穏やかですが克服できない症状ではありません。

一番大切なのは、慢性腰痛になる前の段階で阻止することですが、仮に慢性腰痛になってしまっても諦めずに悪い癖を修正していくことが大切です。

カイロプラクティックは慢性腰痛に対して有効なアプローチ方法の一つです。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/


下肢にしびれを伴う腰痛を訴え来院(20代男性)

21 歳男性 大学生 用賀在住

 

【下肢にしびれを伴う腰痛を訴え来院】

大学のヨットサークルに所属しており、運動後に足の痺れと酷い腰痛がでるのが気になっている。腰痛は同じくヨットをしていた高校時代から気になるようになり、大学に入ってから足のしびれも出るようになってきた。

体育科に所属しており、一日数時間の激しいトレーニングを行っている。

この症状が酷くなってからはインナーマッスル(コアマッスル)を鍛えるだけのトレーニングに変更している。

 

【検査所見】  

・足挙げ(SLR)左右とも 30°程度で右足のしびれ誘発

・腰部の圧痛あり 可動域は反るのも前屈も共にかなり低下。

・足に力を入れると腰痛としびれ増悪。しばらく続く

 

【施術後の経過】       

整形外科で椎間板ヘルニアと診断されているように、椎間板に炎症が起きている可能性が強いので、しびれや腰痛が悪化しないように調節を行う。(痛みやしびれが触った後に残らないものを選んで行った。)

3 回目来院時には運動時の痛みが軽減、5 回目に調子が良いので運動を普通に行ったら悪化がみられたので、本人と相談のうえ、1 ヶ月強い運動を控えてもらい、ピラティスなどインナーマッスル系を出来る範囲でおこなってもらった。その後、2 週間ほどで症状が落ちついてきたので、通常の施術を再開。

さらに 1 ヶ月経った現在では症状は半分以下に落ちついており、継続中。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】     

いわゆる急性期の椎間板ヘルニアと判断し、慎重に施術を行っていきました。動きの後、しばらく痛みが残るのは、炎症の影響だと判断し、栄養や運動のアドバイスをメインで行っていきました。

今のところ順調に改善しているので無理をさせずに継続していきたいと思います。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰痛と右足のしびれを訴え来院(40代女性)

40歳 女性 OL 用賀在住

 

【腰痛と右足のしびれを訴え来院】

この症状は3週間前から気になりはじめた。

思い当たる原因は、仕事で長時間デスクワークをしていることが考えられる。

整形外科ではヘルニアと診断され、電気治療と牽引を受けたがあまり改善しなかった。

最近は常に気になり、生活に支障をきたしている。

 

【初診時の症状】

・ 足を組むと症状が悪化する。

・ 立っていた方が楽である。

・ 腰を反らすと痛みが強くなる。

 

【施術の経過】

医師の診断通り、ヘルニアの可能性はあるものの、ヘルニア特有の身体を前かがみにした際や股関節屈曲状態で症状は悪化しなかった。

そのため、仙腸関節症候群が最も考えられる原因だと判断した。

現在、4回の治療を実施し、8割ほどの改善が見られ、生活に支障はきたさない

レベルまで回復した。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

足にしびれがある場合、多くはヘルニアと診断されます。

一方、その他にも多くの問題が足にしびれを引き起こします。

座位、足を組むなどでしびれや痛みが強くなる場合、仙腸関節の問題が考えられます。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

産後の腰痛と足のしびれを訴え来院(30代女性)

35歳  主婦 用賀在住

 

産後の腰痛と足のしびれを訴え来院

この症状は1ヶ月前の出産後から気になり始めた。初めは腰痛のみだったが、

ここ一週間でしびれも感じるようになった。おしりの張りや痛みも気になる。

赤ちゃんを抱っこしたり、屈伸すると症状が強くなる。

スパイナルケアは子供も一緒に連れていくことができると友人に勧められ来院した。

 

【初診時の症状】

・ 身体を前屈すると腰痛としびれがでる。

・ 問診中も座ると症状が悪化し、立っている方が比較的楽である。

・右のおしり周りが過剰に緊張している。

 

【施術の経過】

愁訴の状況からヘルニアと判断し、骨盤と腰部の安定性を高めるケアを行った。

10回以内の治療で7割ほどの改善が見られ、20回の治療時点で腰痛としびれは完全に消失し、育児も問題なく行えるようになった。

また、骨盤の歪みの感じも気にならなくなり、入らなかったデニムのパンツも

履けるようになった。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

30代は椎間板ヘルニアの発生率が非常に高い年代で、多くの方が足腰に痛みやしびれを感じています。特に、産後は体重負荷と赤ちゃんの体重も加わります。

さらに、土台となる骨盤が不安定であり、筋力も大きく低下していることから、椎間板に非常にストレスをかけ、ヘルニアの原因となります。

産後の腰痛と足のしびれでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

また、スパイナルケアはお子様も同室いただけるので、ご安心ください。

 

ご相談、ご予約はこちらへ

http://www.spinalcare.jp/salon/