用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 産後の膝の痛み(30代女性)

開院10周年の感謝をこめて

スパイナルケアの症例報告

産後の膝の痛み(30代女性)


31歳 女性 事務職・育児休暇中 桜新町在住

【産後の膝の痛みで来院】
現在、産後5カ月で腰、尾てい骨、膝などが痛い。骨盤のゆがみも気になる。
産後から仙骨が出っ張っているような感じになり、3ヶ月くらいから腰痛が出てきた。
妊娠中もお腹が大きくなる前から仰向けで寝るとその辺りに痛みがあり、寝返りを打ったり起き上るときにも痛みがあった。
膝は産後から常にもやもやした違和感が出るようになり、現在は抱っこした状態から立ち上がるときに痛みが膝のお皿の下あたりに出ている。


【施術後の経過】
初回は骨盤の捻れを補正し、下腰部から仙骨にかけての脊柱起立筋の緩和と大腿前面の大腿四頭筋の緩和を行い、腹筋を使えるようにするエクササイズ(ペルビックティルト運動)と大腿四頭筋のストレッチを処方しました。
膝の痛みは初回の調節とストレッチによって日常的に痛みや違和感のない状態に回復しました。
腰部・骨盤の痛みはその後1~2週のペースで4回の調節を行い、日常的な授乳や抱っこの体勢による負担がかかってしまっていますが、上手く使えていなかった筋の機能を改善することで負担のかかる部位や痛みの強さに著明な改善がみられ、現在ではエクササイズやストレッチによってご自身で負担をコントロールできる状態になりました。


【担当カイロプラクターからのコメント】
妊娠中からお腹が大きくなってきて腹筋が引き伸ばされた状態が数カ月続いていました。それによって従来のように腹筋をうまく使えなくなってしまい骨盤が前傾しやすくなります。すると骨盤を土台とする腰部のカーブはきつくなり、仙骨は相対的に出っ張っているように感じることがあります。
また、膝は骨盤の前傾に伴って大腿前面の大腿四頭筋の緊張が強くなり、膝蓋(膝のおさら)を上方に引っ張ることで膝の屈伸時の動きが悪くなったものと考えられました。
このように筋の問題が原因となっている膝の痛みは、膝関節そのものだけではなく骨盤や足首など離れた部位からの影響も受けている場合が多く、それらの関連性を考慮に入れて機能改善をしていく必要があります。

自律神経失調症・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれ・産前、産後の症状でお悩みの方に世田谷区・桜新町・用賀の整体・カイロプラクティック治療院スパイナルケアと症状インフォメーション