用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 全身倦怠感

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

全身倦怠感

首の痛み、頭痛など(スマホ症候群)を訴え来院 (40代女性)

45歳 女性 用賀在住

 

【首の痛み、頭痛を訴え来院】

2週間前くらいから、首の痛みや頭痛がつらい。もともと酷い肩こりや偏頭痛があるが、これほど続くことは初めて。また頭痛の痛さもいつものものとは違い、頭の周囲が締め付けられるような痛みが強い。首については、特に上を向く今までにない痛みを伴う。運動を心掛け、ここ1年くらいは週2,3回軽いジョギングを行うようにしている。主婦なので普通に家事は行うが長時間デスクワークなどはしていない。他に気になることといえば、1か月くらい前に携帯をスマートフォンに変更したため、慣れない操作で目が疲れている。腕のしびれなどは特にない。

 

【初診時の症状と所見】

姿勢検査、可動域検査

- 頭部の前方変位(頭が中心線より前に出ている)

- 肩の前方巻き込み

- 顎の挙上

- 猫背(胸椎の後湾が大きい)

- 頸の伸展(上を向く)の動きが少なく、痛みを誘発

 

触診

- 後頭下筋群の強い緊張

- 胸鎖乳突筋、脊柱起立筋の緊張

- 頸椎、胸椎の屈曲変位、伸展制限、スプリング低下(骨ひとつひとつの動きが悪く全体も固い)

 

整形学検査、神経学検査、筋力検査

特に異常なし

 

【施術の経過】

最初の2回は、頸部を中心に治療。頸部全体の筋肉の硬直、特に後頭下筋群と胸鎖乳突筋がっちり固まっていたので、癒着をはがす筋膜治療と頸部の関節に対する治療をしっかり行った。2週間後の3回目の来院時に、初回のつらさの7割減だったので、続けて同様の治療を行った。1か月後の6回目の来院時には、頸の痛み、頭痛(締めつけ感)などは完全に消失。頭の位置、顎の挙上は回復してきたいたが、姿勢(背骨の湾曲と肩の前方巻き込み)がまだ改善されていないため、姿勢矯正とメンテナンスを目的として現在は1/2週のペースで来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

本症状は、長時間のデスクワークや緊張が継続するハードワークを行うビジネスマンの方に多い症状です。日常生活において、そのような心当たりがまるでないにもかかわらず、このような症状が表れた場合は、「スマホ症候群」である可能性が高いです。慣れないスマートフォン操作が身体に悪影響を及ぼした可能性がございます。頭の重さは約6Kg。例え慣れていても、眼も酷使した状態で長時間下を向いてのスマホ操作は、今までに経験したことのない様々な症状を誘発する恐れがあります。20分以上の連続は操作はなるべく控え、下を見すぎないような工夫することが大切です。治療と身体の使い方をご説明さしあげますので、本件のようなつらい症状がある場合は当院へご相談ください。

 

 

 

 

身体の疲労感と頭痛を訴え来院(40代女性)


40歳 女性 用賀在住

 

【全身の疲労感と頭痛を訴え来院】

1ヶ月前から身体の疲労感を強く感じるようになった。

睡眠不足のせいか、夕方になってくると強い眠気に襲われることもある。もともとあった頭痛も頻度が増えてきているため心配。

数年前から体重増加が気になりはじめたため、2ヶ月前から健康のためにダイエットを始め、食事回数を減らし(12回)、ウォーキングも11時間やるようにしているので、調子が良くならないのはおかしいと思い当院に来院されたという。

 

【初診時の状態】

・疲労感と眠気のためか、検査中に寝てしまった。

・上部僧帽筋、脊柱起立筋の緊張と圧痛

・頚椎と胸椎の可動性低下

・身体を丸くするような猫背姿勢

 

【施術の経過】

初回は免疫系に関わる頭蓋や背骨の調節をメインに身体の可動域と筋肉のバランスを整えた。

さらに本人のダイエットのやり方を問診し、食事・運動の問題点を指導した。

運動、食事方法が変わった影響で、3回目の来院時には夕方の眠気や頭痛の頻度も減り、疲労感も少なくなってきたという。

その後、6回目の来院時にはほとんど症状はなくなっていたため、月に一度のメンテナンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回の疲労感と頭痛は低血糖が深く関わっていたようです。

低血糖とは血液中に糖分が少なくなっている状態で、その状態が続くと脳に栄養を送ろうと交感神経が働き血管収縮がおこるため、頭痛・めまい、疲労感などの様々な症状を起こすことがあります。

原因は食事の仕方(急激な糖分の過剰摂取や食生活が不規則)やストレス(仕事が忙しく睡眠時間が短い)などのものがあります。

今回のケースのようにダイエットをすることで糖分の制限や空腹時の運動でも低血糖になりやすくなるため注意が必要です。

 

全身の疲労感と足のつりを訴え来院(50代男性)


52歳 男性 渋谷区在住


【全身の疲労感と頻繁に起こる足のつりを訴え来院】

3ヶ月ほど前から寝ていると頻繁に足がつるようになり、疲労感も強い。なるべく睡眠時間はとるように心がけ、毎日最低7時間は寝ているが、すっきりと起きられない。また日中は疲労感のためか眠気も強い。とくに昼食後は睡魔に襲われる。

足のつりはネットで調べたところ、脱水や冷えが関係していると書かれていたので、気をつけるようにしているが特に変化はない。ひどい時は両足ふくらはぎがつり、痛みで起きてしまう。

これらの症状について思いあたる原因はない。

最近変わった事といえば、1年前に職場が異動になり、ほぼ1日中デスクワーク業務になったが、それほど忙しくはないのでストレスは感じていない。

ただ、動かないため体重も1年で5kgほど増え、自分でも運動不足だと実感している。


【初診時の症状と所見】


姿勢検査、可動域検査

- よほど疲れているのか、うつぶせで検査をしていたところ寝てしまった。(いびきあり)

- 腰椎前弯姿勢(おなかが前に出ている姿勢)

- 猫背(胸椎の後湾が大きく首が前方に位置している)

- 172cm 86kg 内胚葉型(体重が多いタイプ)である

 

触診

- 左右ふくらはぎの張り感と圧痛あり

- 両首から肩にかけての緊張と圧痛あり(僧帽筋の緊張)

- 首の根本(上部胸椎)の動きの悪さあり

- 腰椎過剰前弯と腰の筋緊張あり(反り腰)

 

 

【施術の経過】

検査時にすぐ寝てしまうことから追加で問診を行いました。すると

・今の職場は接待が多く、お酒はよく飲む

・いびきをうるさくなったと指摘されることがあった。時々、呼吸も止まっているようだと言われた。

・寝起きに喉が渇く(痛む)事がしょっちゅうある。

と追加情報がわかったので、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるため、提携施設の用賀アーバンクリニックに紹介しました。その後の検査で確定され、今は専門施設で治療を受けながらスパイナルケアでメンテナンスケアを受けています。


スパイナルケアでは気道が狭まりやすい姿勢を、カイロプラクティックケアやエクササイズ指導により改善させ、両ふくらはぎは筋膜が固くなっていたため、FAKTRなど筋膜治療を3回おこない改善させました。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回は睡眠時無呼吸症候群による無呼吸状態が続くために疲労感がとれないのと、それによる軽度酸素不足による両足のつりが原因でした。

睡眠時無呼吸症候群は放っておくと高血圧、心臓病、脳卒中などの合併症がみられるので、なるべく早く改善させることが大切です。

体重のコントロールや飲酒の制限、運動やエクササイズは重要ですが、姿勢改善や肋骨の動きを整える事も効果的です。また、一度つってしまった筋肉は筋線維が損傷しているため、正常の筋肉よりもつりやすくなります。

これらを筋膜リリースすることも、疲労感やつりの早期改善につながります。

めまいを訴え来院(30代女性)

30代女性 会社員 用賀在住


【めまいで来院】

2~3か月まえから身体のだるさが強くなり、めまいを感じるようになった。

PC作業が多いため眼精疲労も辛いので、仕事に集中しにくくなっている。

仕事が忙しく睡眠時間が短いのが原因だと考えて、なるべく身体を休めるようにしている。

病院では良性発作性頭位めまい症との診断され、もらった薬を飲んでいるがあまり改善が見られず困っているので当院をネットで見つけて来院された。

 

【初診時の状態】

・下を向くと首の張りとめまいを感じる

・後頭下筋、胸鎖乳突筋、上部僧帽筋の緊張と圧痛

・頚椎の関節の可動性低下

・胸椎の伸展制限

・猫背姿勢

 

【施術後の経過】

初回は頸部の筋肉の調整を行い、関節の可動域を広げるアプローチをした。
初回の調整後は症状の改善がみられたため、2回目以降は胸椎を含めた姿勢に関わる筋肉の調整と猫背姿勢の改善をメインに行った。

3回目時点でめまいはほとんど感じなくなり、5回目ではめまいの再発もみられないため、メンテンスに移行している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

良性発作性頭位めまい症は内耳の前庭器官の問題・ストレス・外傷など様々な原因で起こります。

今回のケースでは、頭部を支えている頸部の筋肉が緊張していた事と仕事でのストレスが強く自律神経のバランスも崩れていたため、めまいが出ていたようです。

めまいやこういった症状でお悩みの際は是非一度スパイナルケアにご相談ください。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

不眠を訴え来院(20代女性)

28歳 女性 鷺沼在住

 

【不眠を訴え来院】

以前はあまり経験ないが、ここ2、3週間くらい夜眠れないことが多い。インターネットでカイロは不眠にも効果的との報告を見つけたので来院することにした。プライベートで特に心配事があるわけでもなく、運動も定期的に行っている。仕事に関しては、残業はほとんどしていないが、緊張するシーンが最近続いて腸の調子が少し悪い気がする。

 

【初診時の症状と所見】

・脊柱起立筋、胸鎖乳突筋の強い緊張

・呼吸が浅い(肋骨の可動域低下と横隔膜の緊張)

・背骨・骨盤の際立った歪みは見当たらない

・腹部全般の筋緊張、ハリ感

 

【施術の経過】

上記の所見から、初回は自律神経のバランス低下を疑い、自律神経の中枢が経由する脊柱を中心に脊柱起立筋、胸鎖乳突筋などを中心に治療を行った。平行して肋骨と横隔膜の可動性upの治療も実施した。1週間後の来院時には、身体の開放感やバランス感、呼吸の浅さなどは大きく改善したものの、睡眠については大幅な改善は得られなかった。不眠に関しては、ホルモンの分泌低下の可能性を考慮して整腸剤をすすめたところ、2週間後の4回目の来院時には大幅に改善され、もとの睡眠時間をしっかりとれるようになった。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

不眠症の代表的な原因として、自律神経の問題があげられますが、今回のケースでは、問題は自律神経の機能低下ではなく、継続的なストレスなどのよる腸の働きの低下によるものでした。幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの多くは腸で作成されます。また睡眠にかかわるメラトニンはその前駆物質であるセロトニンが原料となり作られます。しがって、腸の働きが低下するとセロトニンの分泌が低下し、同時にメラトニン形成を妨げられるため、睡眠の質が下がってしまうのです。不眠と腸の機能低下は結びつきにくいかもしれませんが、不眠でお悩みの方は一度ご相談頂ければと思います。

 

不眠症を訴え来院 (30代女性)

32歳 女性 三軒茶屋在住

 

【不眠を訴え来院】

この1,2ヶ月の間、原因不明の不眠が続いている。以前は夜眠れない時は仕事中に眠くなったが、最近は仕事中であっても眠くはならず、身体のだるさと疲労感を強く感じる。仕事のストレスはあまり変わらない(常にストレスは感じている)が、最近は仕事で怒る機会が増えた。運動は、月に1,2回軽いジョギングをしている。

 

【初診時の症状と所見】

・左右の骨盤のゆがみ

・頚椎の可動域が回旋、側屈で特に低下

・脊柱起立筋、胸鎖乳突筋の強い緊張

・中部胸椎のスプリング低下(背骨の弾力性がなく、押圧に対して戻りが悪い)

・呼吸が浅い(肋骨の可動域低下と横隔膜の緊張)

 

【施術の経過】

初回の治療で、歪みのある骨盤の矯正と頚部と背部の筋肉の緊張を取り除く治療を中心に行った。施術当日はぐっすり眠れたが、翌日からまた少し眠りが浅くなった気がするとのこと。2回目以降は、週に1回のペースで頚部と背部の治療に加えて呼吸を深めるために肋骨と横隔膜の治療を行った。6回目に来院頂いた時は、仕事で強いストレスを感じた日以外は、不眠症はほぼ改善されたとのこと。現在は、歪みの予防として背骨を動かすエキササイズを継続してもらい、1/月に全身の状態をチェックするため来院されている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

眠れない大きな原因の1つが、自律神経のバランスが崩れることにあります。自律神経は、交感神経と副交感神経から構成されており、交感神経は戦ったり緊張する時に、副交感神経はリラックスする時に働きます。共に拮抗関係にあり、どちらが欠けても上手く身体は機能しません。特に現代はストレス社会ですので、多くの方が交感神経が優位となっております。交感神経が優位になりますと身体も常に緊張状態にあり、睡眠はおろかリラックスすることさえできなくなってしまいます。自律神経は脳から背骨、骨盤を通過して各臓器へ伸びています。その通り道となる背骨、骨盤と密接に関係しているため、まずは背骨、骨盤のゆがみを取り除き、正しい状態へ戻してあげることが治療の第一歩となります。また、浅い呼吸も交感神経を興奮しやすいため、深くゆったりした呼吸が出来ることが大切です。

 

後頭部痛と胸背部の疲労感を訴え来院(40代男性)


40歳 男性 デスクワーク 桜新町在住 

後頭部痛と胸背部疲労感を訴えて来院。
 症状は、転職した5年程前から始まった。転職先は、以前と比べて仕事内容はハードで労働時間も長い。症状は、疲労性に背部から始まり後頭部の頭痛に至る。後頭部の頭痛に至るのは2~3ヶ月に1回程度だが、酷い痛みに急に襲われることもある。胸背部は、肩から背中にかけて疲れが溜まっていく感覚で、朝よりも夕方にかけて増悪する。腰痛や手足の痺れはない。入浴・マッサージで楽になる。しかし、マッサージは最近では120分位はやらないとほぐれない。運動習慣はない。
*既往歴の一つに盲腸の手術(小学校高学年の時)。


初診時の症状:
・立位姿勢では、右肩↓、上肢は内旋して体幹から離れる、頭部前方、重心は左に傾く、
・腰部や頚部運動での症状誘発はないが、腰部側屈の可動域の左右差は著明(左=右-5cm)、
・SCM(L)、大殿筋(R):4/5
・後頭下筋群や上部僧帽筋付着部等の組織のトーンが高く感じられる(特に右)など


施術の経過:
 2回目来院時には改善傾向がみられはじめ、3回目来院時には背部の症状消失、4回目来院時には後頭部痛を含む全ての自覚症状は消失していたが頚部のアンバランスが残存していた。頚部のアンバランス(後頭部痛の要因と考えられる)は、盲腸の縫合痕の癒着が影響していたようで、その調整により7回目来院時にはアンバランスも改善し、今は再発もなくメンテナンスとして月に1回程度来院中。


担当カイロプラクターのコメント:
 患者様の訴える症状の原因は、その部位だけに問題があるわけではありません。このケースでは、後頭部痛が最終的には腹部縫合痕の調整により再発予防も含めて改善したと考えています。スパイナルケアでは、患者様の身体全体をみて治療させていただくよう心がけていますし、それが患者様の大きなメリットです。現在月に1回程度のメンテナンスケアとして来院される度に、「全然、大丈夫です!」と言われると、ホッとすると同時に、もう少し間隔をあけてもいいかなぁ・・・と思う今日この頃です。

■ 背中の痛み・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれ・産前、産後の症状でお悩みの方に世田谷区・桜新町・用賀の整体・カイロプラクティック治療院スパイナルケアと症状インフォメーション

腰下肢症状と全身疲労感を訴え来院(20代女性)


24歳 外胚葉型 女性 出版社勤務 駒沢在住

【腰下肢症状と全身疲労感を訴え来院】
 右脇腹から腰にかけての痛み、右足先の軽いしびれ、慢性腰痛、両足のむくみ感、その他全身疲労感あり。
 右脇腹痛は、1ヶ月前に寝返りをうった時からで、現在は仰向けでは常に痛みを感じ、寝返りするのは辛い。立って靴下を履く時、20kg程度の荷物を運ぶ時、2~3時間のデスクワークなどでも感じる。うつ伏せ寝では全く感じない。右足先のしびれは、階段を下りる時に足を着くとピリピリと正座後のようなしびれを感じる。それ以外は歩行でも症状を感じることはない。慢性腰痛は学生時代に部活動をしていた頃からである。足のむくみはマッサージで一時的に解消するが毎日ある。
 その他、首肩など含めて背中が全体的に辛い。頭痛は生理前や疲労性に感じたり、集中した作業のあと一息つくときに急に感じることもある(月2回程度)。手のしびれを感じることはない。冷え性であるなど。


【初診時の症状】
・頚部運動で頚部症状と腰部症状誘発
・座位姿勢でみられるアンバランスが立位姿勢で補正される
・右足底の一部に触覚過敏など


【施術後の経過】
 初回治療当日は、寝返りでの腰痛が一時的に消失、2回目からも順調に改善傾向が見られ始め、3回目からは運動のアドバイスを始めた。4回目来院時には臥位での腰痛消失、5回目来院時には足のむくみと階段昇降での右足先のしびれも消失していった。徐々に治療間隔をのばしていき、現在は仕事での疲労性に腰痛などを訴えることがあるものの、ご自宅での運動と月1回程度のメンテナンス治療により良好な状態を維持している。


【担当カイロプラクターのコメント】
 腰下肢の症状が主な訴えではあったが、頚部運動で腰部症状が誘発されることや、座位姿勢で著明なアンバランスがみられたことから、上半身のカイロプラクティック治療が重要だと考えられた。症状部位のみならず、身体全体をみるというカイロプラクティック治療が功を奏した好例である。しかしながら、良好な状態を維持するためには患者さんご自身での運動や生活習慣の改善は欠かせない。

全身疲労感・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれ・産前、産後の症状でお悩みの方に世田谷区・桜新町・用賀の整体・カイロプラクティック治療院スパイナルケア症状インフォメーション

姿勢の悪さと疲労感が気になり来院(30代男性)


30代男性、事務職、桜新町在住


【姿勢の悪さと疲労感を訴え来院】

姿勢は十代前半の頃から気になっていた。スポーツジムにも通い、自分で意識して治そうとしたが、なかなか続かずにもとの姿勢に戻ってしまう。仕事を始めてから徐々に疲れがたまり始め、猫背姿勢はより悪化傾向にある。姿勢をよくするためには、カイロプラクティックや整体に行くべきだと考え、スパイナルケアに来院した。

 

【初診時の症状】
頸椎から中部胸椎の動きが大変硬くなっており、全体的に身体を反らす伸展の動きができなくなっていました。また猫背姿勢に大きな関わりがある、大胸筋・小胸筋・上部僧帽筋・肩甲挙筋が過剰に緊張し、頚部の前方の筋肉群や菱形筋など背部の筋肉に力が入りにくくなっていることが確認できました。

 

【施術後の経過】
頸椎から胸椎の動きを改善し、過緊張を起こしている筋肉には柔軟性を高めるストレッチや軟部組織アプローチ、筋力が低下した筋群に対しては、神経と筋肉の促通やトレーニングを行いました。はじめの5回の脊柱と姿勢矯正で問題になっていた悪い姿勢は約40%改善し、仕事や私生活でもわずかに疲れにくくなったと報告を受けました。治療頻度を2週に1度に変更し、さらに5回の治療を行ったところ、意識しない状態でも猫背姿勢にはならず、かなり疲れにくい状態(約80%)の改善が確認できました。

 

【担当カイロプラクターのコメント】
現在は1ヶ月に1度の来院頻度で計15回のカイロ治療を行いましたが、80%の改善状態を維持できています。十代の頃からの慢性的な問題であったため、なかなか100%の改善とまでは行きませんが、姿勢の悪さが見た目だけでなく、疲れやすさや慢性的な疲労感と関係があることがよくわかるケースでした。

 

姿勢矯正・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれでお悩みの方はこちらへ
スパイナルケア
http://www.spinalcare.jp/