用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. しびれ

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

しびれ

足首の痛みと足裏のしびれで来院(50代男性)

50歳男性 タクシードライバー 用賀在住

 

【足首の痛みと足裏のしびれで来院】

先週、足をひねってから足首が痛くなった。それからだんだん足の裏がしびれるようになったので整形外科で痛み止めをもらったがあまりよくならなかったので当院を受診されたとの事。

運転中や歩いているときに足に力を入れようとするとしびれが強くなる。足をかばうようにしていたら腰の張りも辛くなった気がする。

 

【初診時の症状と所見】

・チネルサイン(tinel sign)により足裏のしびれが誘発

・後脛骨筋と腓腹筋の過緊張

・足首の可動性低下と屈筋支帯の柔軟性低下

・足首周辺の筋力が弱化傾向

 

【施術の経過】

問診や症状と所見から足首の捻挫による足根管症候群を疑った。

初回は足首の可動性と屈筋支帯の柔軟性の改善を図り、後脛骨筋などの足首周辺の筋肉も同時に調整を行った。

3回目の来院時には症状の変化がみられたので、足だけではなく全身のバランスも調整する。結果的に7回目の来院時には症状がかなり良くなり生活に全く支障がなくなっていた。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

足根管症候群は後脛骨神経が炎症もしくは圧迫されることによって症状が発生します。今回は足首を捻ったことがきっかけになりましたが、過度な運動や靴が合わなかった等も原因になることがあります。

足関節に歪みや偏平足などの足のトラブルが背景にあることもとても多いので、足の症状でお悩みの方は当院にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

腕の痛みを訴え来院

45歳 男性 用賀在住

 

 腕の痛みを訴え来院】

2週間前くらい前に突然、朝起きた時に上腕に痛みを感じ、時間が経過するにつれジンジンする痛みに変わってきた。指先もチリチリしびれる気がする。整形外科では変形性頚椎症(C5/6)と診断され、2/週リハビリに通っているが変化が見られない。特に思い当たる理由はない。付き合いでゴルフを2/月に行うが、先月は何事も無くスイングできた。一番つらい状況は、デスクワークでじっとしている時間が長い時で、逆に動かすと少し楽になる気がする。一生治らないのでは?と不安になり同僚の紹介で脊椎ケアセンター(スパイナルケア用賀)に来院した。

 

【初診時の症状と所見】

Cervical Compressin test 陰性(上から頭を押して頚椎を圧迫し神経症状を誘発するテスト)

・胸郭出口症候群 検査 陰性(Adson,Morley,Wright,Costclavicular)

・その他、正中神経や尺骨神経領域の整形学検査はすべて陰性

・しびれの範囲は、頚肩部から上腕後方にかけて(前腕、手にはしびれなし)

・肩甲上腕関節の可動域は問題なし。誘発もせず。

・腱板、腋窩部の筋肉、上腕三頭筋が強く緊張している。

 

【施術の経過】

変形性頚椎症と診断されていたので、頚部については慎重にソフトな緩和操作のみ行い、治療の中心は腋窩部、上腕三頭筋、腱板に絞り、関節と筋肉両方に対してしっかりアプローチした。1回目の治療で、5割軽減。1/週のペースで3回目までには、8割軽減した。5回目までには、上腕の痛みは完全に消え、指先の違和感のみ残っている。指先違和感は仕事やゴルフには支障がないとのことで、現在は2,3週に1度のペースで治療とメンテナンスを行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

上肢の問題は、頚部が大きく関わる事が多いのですが、今回のケースでは頚部の影響よりも腋窩近辺の筋肉の絞扼が問題となるケースでした。筋肉の絞扼はじっとしていると悪化する傾向が強いのが特徴です。筋肉が固まるといわゆる虚血が起こり酸欠となって周辺の組織が痛みを発します。変形性頚椎症と診断されるとそれだけで、もう治らないのでは?と心配になってしまうかもしれませんが、今回のケースのように、お抱えの症状の原因が別のものであれば十分改善する余地はございますので、一度ご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殿部の痛みと足のしびれで来院(30代女性)

35歳 女性 用賀在住

 

【足のしびれを訴え来院】

一週間前から左殿部に違和感を感じるようになり、今では左殿部の痛みと足全体にしびれのようなものがでるようになった。思い当たる原因はなく、もともとデスクワークのため腰や足の張りは常に感じていたとのこと。

 用賀でしびれと検索したら、スパイナルケア用賀がヒットしたため当院を受診された。

 

【初診時の症状と所見】

・腰方形筋・中殿筋の過緊張

・梨状筋の押圧により、症状の誘発がある

・仙腸関節・股間節の可動性の低下

 

【施術の経過】

初回は梨状筋と腰部の筋群の調節と骨盤の矯正を行った。

3回目の来院時には痛みやしびれは6割軽減し、治療部位を広げながら継続すると7回目には痛みやしびれは感じなくなった。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

毎日のデスクワークにより梨状筋の負担に骨盤の歪みが加わった事により、今回の症状につながっていました。

こういった場合は梨状筋が坐骨神経を圧迫して起こる梨状筋症候群と言われます。椎間板ヘルニアと症状が似ているため、勘違いする方も多いので足のしびれでお悩みの方は当院にご相談下さい。

 

ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

右手のしびれを訴え来院(40代男性)


45歳 男性 あざみ野在住

 

【右手のしびれを訴え来院】

タクシードライバー。2週間くらい前から運転中に右手にしびれを感じた。2~3/1日に強く感じる。運転に支障はないが、悪化するのを恐れて来院。特に思い当たる原因はなく、最近忙しく寝不足が続いている。

 

【初診時の症状】

・手関節、肘関節については、軽度動きの制限があるものの正常

・前腕の伸筋、屈筋ともに際立った異常はなし

・頚椎の可動域制限、頚部の筋(SCM,斜角筋)/上部僧帽筋の筋膜の癒着あり

 

【施術の経過】

肩、頚部を中心の3回の治療で、1回/1日まで減少。6回の治療でしびれは全く気にならなくなった。

現在は、メンテナンス、再発予防として月に一回(仕事が忙しい時には2回)治療を行っている。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

主に頚肩部の筋緊張が原因となるしびれのケース。タクシードライバーというお仕事柄か、極度の肩こりと頚部の筋緊張が目立ちました。上肢の神経は、すべて頚肩部は通過して手先まで伸びています。頚はしびれの部位と離れているからといって無視できない大切な部位です。運転以外でも、極度の首こり、肩こりがおありの方は腕のしびれなどの症状にもご注意頂ければと思います。

 

このような症状でお悩みの方は当院にご相談下さい。

左手のしびれを訴え来院(30代男性)

4歳 男性 溝の口駅在住

 

【左手のしびれを訴え来院】

半年前から時々左手の指先がジンジンとしびれるとことに気付いた。3ヶ月くらい前から少しずつひどくなり、ここ2週間でさらに悪化している。お仕事はデスクワーク。思い当たる原因は特にないが、経理を担当していて月末の締めの期間になると悪化する。

 

【初診時の症状】

・脊柱は頚胸部の可動低下、愁訴を誘発するほどではない。

・左手関節の可動域が右に比べて少ない。

・肩、肘、手首、指の可動では愁訴は誘発せず。

・筋力は全てにおいて、左右差はなし。

・左手の第1指、2指の先端に軽度の感覚異常あり。

・前腕伸筋群の緊張が強く圧痛あり。

 

【施術の経過】

筋痛症による橈骨神経支配領域のしびれを疑い、手関節、前腕の伸筋を中心にアプローチした。5回の治療で手関節の可動域の改善と前腕の伸筋の緊張低下に伴い、しびれの頻度は8割低下。10回の治療で通常業務でのしびれはなくなった。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

しびれの原因は、脊柱、肩、肘、手などの関節をはじめ、様々な要素が考えられます。今回のしびれの原因は、主に前腕の筋肉によるものでした。特に経理ということで、テンキーを高頻度で使用するため、月末期の再発防止を目的とし、タイピング時の手の正しい使い方も指導させて頂きました。

腰痛と臀部のしびれ(40代男性)

41歳 男性 用賀在住

 

【腰痛と左臀部のしびれを訴え来院】

下部の腰に痛みを感じていて、朝はこわばりがあり夕方以降は痛みが増す。

腰を後ろにそらすと痛みが強くなり、左臀部にはしびれを感じる。

思い当たる原因は、長時間のデスクワークにより負担がかかっていたためだと本人は思っている。

 

【初診時の症状】

・腰椎伸展時に愁訴が誘発される。

・触診により、第5腰椎/1仙椎の関節に痛みと可動制限あり。

・レントゲンでトロピズムの所見があり、わずかに変性がみられる。

 

【施術後の経過】

L5/S1椎間関節症候群と判断し、施術を行った。

3回目の来院時に5割ほど改善し、5回目には8割ほど改善した。

現在自宅でのリハビリと毎月一度のケアを継続している。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】

長いデスクワークと腰が前に反った姿勢は椎間関節に非常に強い負担がかかります。椎間関節に負担がかかり続けると、軟骨は磨耗し、関節に変形が起き始めます。

腰はもちろんお尻の方までしびれが広がることがあります。

これを椎間関節症候群といいますが、今回のケースもそれに当てはまるものだったと考えます。

思い当たる方は当院にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

右足の外側の知覚異常としびれを訴え来院(30代男性)

34歳男性 会社員 用賀在住 

 

【初診時の問診】

右足小指周辺のしびれ、触ると感覚の異常がある。

思い当たる原因は、マッサージをうけた後から症状が出ているので、関係しているかもしれない。ふくらはぎの外側がかなり張っていたので強くマッサージしてもらった。

朝も夜も変わらず痛みがあり、ジョギングやアスファルトを歩くと症状が悪化する。

 

【検査の所見】

・右足小指周辺に知覚異常あり。

・中指周辺の感覚は正常。

・筋力低下はみられない。

 

【施術後の経過】

純粋な感覚異常であり、マッサージを強く受けた場所から腓腹神経の障害を疑いケアを行った。

ビタミンB612、オメガ3脂肪酸の摂取量を増やし、水泳と自転車のエクササイズを行っていただいた。

来院一ヶ月後に少しずつではあるが、症状が3割ほど改善した。

2ヶ月後には5割改善し、現在は間隔をあけてケアを続けている。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】

強いマッサージを受けることで抹消神経が傷ついてしまうケースがあります。

受けている際中は気持ちの良いのですが、場所を間違うと今回のケースのように感覚障害や筋力低下のような症状が現れます。

神経障害は早く適切な処置をしないと永続化するリスクがあるため、とても危険です。

思い当たる方は当院にご相談ください。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

下肢にしびれを伴う腰痛を訴え来院(20代男性)

21 歳男性 大学生 用賀在住

 

【下肢にしびれを伴う腰痛を訴え来院】

大学のヨットサークルに所属しており、運動後に足の痺れと酷い腰痛がでるのが気になっている。腰痛は同じくヨットをしていた高校時代から気になるようになり、大学に入ってから足のしびれも出るようになってきた。

体育科に所属しており、一日数時間の激しいトレーニングを行っている。

この症状が酷くなってからはインナーマッスル(コアマッスル)を鍛えるだけのトレーニングに変更している。

 

【検査所見】  

・足挙げ(SLR)左右とも 30°程度で右足のしびれ誘発

・腰部の圧痛あり 可動域は反るのも前屈も共にかなり低下。

・足に力を入れると腰痛としびれ増悪。しばらく続く

 

【施術後の経過】       

整形外科で椎間板ヘルニアと診断されているように、椎間板に炎症が起きている可能性が強いので、しびれや腰痛が悪化しないように調節を行う。(痛みやしびれが触った後に残らないものを選んで行った。)

3 回目来院時には運動時の痛みが軽減、5 回目に調子が良いので運動を普通に行ったら悪化がみられたので、本人と相談のうえ、1 ヶ月強い運動を控えてもらい、ピラティスなどインナーマッスル系を出来る範囲でおこなってもらった。その後、2 週間ほどで症状が落ちついてきたので、通常の施術を再開。

さらに 1 ヶ月経った現在では症状は半分以下に落ちついており、継続中。

 

【担当カイロプラクターからのコメント】     

いわゆる急性期の椎間板ヘルニアと判断し、慎重に施術を行っていきました。動きの後、しばらく痛みが残るのは、炎症の影響だと判断し、栄養や運動のアドバイスをメインで行っていきました。

今のところ順調に改善しているので無理をさせずに継続していきたいと思います。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰椎ヘルニアと左足のしびれ(40代女性)

49歳 女性 OL 桜新町駅在住

 

【腰椎ヘルニアと左足のしびれを訴え来院】

・この症状は1ヶ月前から気になりはじめた。

・思い当たる原因は、慢性の腰痛に悩まされてきたこと。

・長時間のデスクワーク、身体を前に曲げるとしびれや痛みが悪化する。

・日常生活にも支障をきたしており、特に仕事中かなりストレスを感じる。

・整形外科では、L5/S1レベルのヘルニアと診断を受け、投薬と電気治療、牽引治療を受けたがあまり効果を感じることができなかった。

 

【初診時の症状】

・身体を前に曲げると症状が悪化する。

・身体を右側に曲げる逃避姿勢。

・腰から右の臀部、腿の外側、足の外側と裏側にピリピリとしびれを感じ、感覚に左右差がある。

 

【施術の経過】

いくつかの所見から、医師の診断通りヘルニアの可能性が高いと判断し、下部腰椎を中心に脊椎の調整を行った。

また、マッケンジー療法を用いたケアも同時に行った。

現在、20回の治療を実施し、8割ほどの愁訴は改善した。

仕事中にも強いストレスを感じることはなくなり、日常生活でも大きな支障はきたさないレベルまでになった。

患者さんはかなり満足している。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

足にしびれがある場合、多くは画像所見に椎間板の問題が確認でき、ヘルニアと診断されます。

当院にはヘルニアと診断を受けながらも改善せずにご来院される方が多くいらっしゃいます。

医療機関にてヘルニアの診断を受け、一定期間治療を受けているにも関わらず思うような

改善がなくお困りの方は、一度お気軽にご相談いただければと思います。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/

ヘルニアと右足のしびれ(40代女性)

40歳 女性 会社員 桜新町在住

 

【ヘルニアと右足のしびれ】

この症状は1週間前から気になりはじめた。

思い当たる原因は、慢性的な腰痛があり、今までにギックリ腰を何度か経験してきたことも関係しているかもしれない。

身体を前屈すると、しびれや痛みが悪化する。

整形外科では、腰椎ヘルニアと診断を受け、痛み止めの薬と牽引の治療を受けたが少しだけ痛みが軽減しただけでまだ痛みとしびれを強く感じている。

 

【初診時の症状】

・身体を前屈すると症状が悪化する。

・腰をかばうように身体が曲がっている。

・足をひきづるように歩行する。

 

【施術の経過】

医師の診断通りヘルニアを改善するためにカイロプラクティックのアプローチを現在、15回の治療を実施し、5割ほどの改善がみられた。

足をひきづるような歩行はなくなり、自然な歩き方ができるようになった。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

足にしびれがある場合、多くはヘルニアと診断されます。

当院にはヘルニアと診断を受けながらも改善せずにご来院される方が多数いらっしゃいます。

医療機関にてヘルニアの診断を受け、一定期間治療を受けているにも関わらず思うような改善がなくお困りの方は、一度お気軽にご相談いただければと思います。


ご相談、ご予約はこちらから

http://www.spinalcare.jp/salon/