• 症例報告
  • ご予約・お問い合わせ
  1. ホーム
  2. スパイナルケアBLOG
  3.  ┣ジョギング

症状カルテ

患者様の声

スパイナルケアブログ
旧ブログはコチラ

スパイナルケアのBLOG |  ┣ジョギング

「 ┣ジョギング」記事一覧

そこに山があるからさ 〜ハセツネCUP編〜 Part1

2013年10月24日


皆さまこんにちはー。
ひさびさのブログ更新、院長でございます。

いきなりですが、10月13日~14日と、

あの「日本山岳耐久レース(通称:ハセツネCUP)」に参戦しました。


「ん??ハセツネ??・・・ってなに?」



ってな方はコチラを参考にしていただいて、


さっそく、今回はその模様をお伝えしたいと思います

ではでは、はじまりはじまり・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013/10/13 9:05



大会会場がある武蔵五日市駅へ到着!


PA130014



実は・・・集合時間は8:30だったのですが、

途中で時計(ガーミン)を忘れたことに気がつき、
急遽引き返してこの時間に・・・。


Team T+ACの皆さま...心よりごめんなさい。。。


と、あやまったら気を取り直して出発です。

PA130015


ハセツネは夜間走を目的としているため、

13時スタートという、遅めでちょっと変わった大会です♪


そのため、10時間を切るエリート集団しか終電で帰宅できないため、

上の写真のように寝袋やら敷物やらを持参する方が多いようです。

私は夜明けを目標としているので、そんなものは持ってきていませんが。。。
(寝る時間には到着できないってことです。。。(笑))





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場所は移り、控え室である中学校体育館へ。





PA130016



PA130017



ご覧の通り、Team T+ACの皆さまは既に準備完了です。(笑)



PA130019


すでに寝ているメンバーもいます。

出だしから失敗している私・・・先が思いやられます。



ま、気を取り直して、

PA130018


こちらTeam T+ACの紅一点から宴会部長に役職変更されたカヅミさん

彼女は大会こそでませんが、

その留学による語学力美貌を買われ、

大会のレポーターとしてハセツネをサポートしてくださっています。

いや~これはある意味走ることよりスゴイかも。。。


さてさて、装備品ですが、ジェルやハイドレーションはいつもと変わらず。

で、今回の特徴はHOKAというクッション性の高い靴を選んだことです。

PA130020


お立ち会いの中に、 御存知のお方も御座りましょうが、 

私、膝を故障してから根っからのフォアフットランナーでして、

普段はこんなのやこんなの、でもってこんなのを履いております。

ですが、今の筋力&走力では、これらの靴でトレイルを30km以上は無理そうなので、逆に最高のクッション性を持つこの靴にしました。



PA130026


さぁ、準備もようやくおわり、大会会場へ向かいます。


PA130027


ここで定番の記念写真☆

うん!いい写真です!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




PA130031


そうこうしているうちに開会式が。


式では毎年恒例(?)らしいエアロビで準備体操

・・・・が


PA130037


PA130040


Team T+ACメンバーはこういうのはニガテみたいです。

だれ一人としてやってません。(笑)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





そしていよいよスタート前。


前を見ても・・・

PA130048



後ろを見ても・・・
PA130056




すごい人だかり!



PA130044


さすがの庭野会長も緊張しているかと思いきや・・・

PA130053


携帯いじって・・・期待通りのマイペース。(笑)


そんな脇を

PA130050


第15回第19回の優勝者であり、今大会でも優勝候補の一人、

相馬剛さんが颯爽と登場。

やっぱり実力のある人は絵になるなぁ。。。



PA130070


そうこうしているうちに皆さん一斉にスタートを切りました。

ここで補足を・・・。


今回、Team T+ACの会長であり、ACカイロプラクティックの院長でもあり、私の先輩であり友人である庭野さん(通称:会長)と一緒に走ることにしました。

私は完全に調整不足なんですが、会長は1ヶ月前の試走会で重度の捻挫を経験し、
今大会もその後遺症がでないか心配だからです。

私としては願ったり叶ったりの申し出に、ちょっとやる気が沸いてきました!
(沸いてなかったのか?と言われるとアレですが。。。)



さぁ、レースに戻りましょう。

皆さん、出だしから飛ばす飛ばす・・・。

PA130078


PA130085



私も釣られて・・・となりそうでしたが、


ここで名将庭野


「抑えて抑えて・・・」


コールが発動!


「そんなことじゃ、9回の裏までもたないぞ!!」

そうです...そーなんです!

皆に釣られちゃだめだめ!!競っちゃダメ!!

これはあくまで自分との戦いなのです!!!


・・・っと、言うわけで

いつも以上にゆっくりモードで出動。


PA130087


PA130096


こんな緩い坂でも歩いちゃったり・・・・おかげで抜かれる抜かれる。(笑)


PA130099


そんな感じでゆっくり走って(歩いて)いると、幸か不幸か最初の渋滞に遭遇。

スタート間もないので、まわりのランナーも終始和やか。。。


PA130104


ちなみにこの方はハセツネを18回出場している、70代のベテランランナーです。

70歳超えてのハセツネ・・・・あまりに感動したので、

記念写真をお願いしたら快くOK。

これを励みに私も70歳までがんばります!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




それから時間は少し進みます。

PA130113


ハセツネは全てトレイルではなく、写真のようなロードもあります。

いつものようにメンバー(といっても会長しかいない。。。)を撮っていると、

気を利かして、会長がパシャリ!


PA130117


いつもは撮る側なので、撮られると顔が引きつっちゃいますね。(笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




さらに時は進みトレイルへ。

PA130127


こんなガレ場が続くと思えば、



PA130134


PA130136


こんな緑の中や・・・

PA130148


「ヒャッホー!!」



ってな会長の声が聞こえそうなトレイルになったりと、

飽きの来ない道が続きます。

これがトレイルランの醍醐味ですよね☆


PA130153


ここら辺になっても、集団は続きますが、

渋滞は少なくなってきます。

PA130164



ここいらで会長と前後を交代します。


PA130168


まだまだ余裕の会長。(笑)


飽きてきたら前後交代。これもチームで走る利点ですよね♪




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




スタートは13:00

でもって、日の入りは17:15頃


PA130173


前半で渋滞が続いていたせいか、

まだ10数㎞地点なのですが、だいぶ日が沈んできました。

PA130182


この付近では渋滞もめったになく、

ある程度スピード出して走れる環境なので、

暗い中では足下が心配です。。。



PA130193


遠くに見える富士山も夕焼け掛かってキレイです。

というわけで、夕焼けをバックに夜間走行の準備でしばし休憩。

ヘッドライトとハンドライトを装~~着!

PA130191



こんな明るさの中、夜通し走ります。



・・・・っと、切りが良いのでこのへんで前半戦を終了いたします。

恐怖の夜間走は後半に続きます。

後半はあんなことやこんな事が・・・・あるかもしれませんね。(笑)



では~また来週~~♪


院長

****************************************


****************************************

槙寄山へGO!! ~ハセツネ試走編Part1~

2013年8月12日


1001388_488952941194482_1317207504_n



皆さまこんにちは~院長です。

今回もまたトレラン報告のお時間がやってきました。
最近は山といっても丹沢大山ばっかで、すっかりごぶさたしてます「●●へGO!!」シリーズ。

今日は10月に予定しているハセツネの試走会を、われらがTeam T+ACの市原隊長が企画してくださったので、さっそく「GO!!」いたしましょ~!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013/07/28 AM.8:00 武蔵五日市駅到着。



相変わらず山の朝は早い・・。

945943_488936874529422_1625174612_n


さすがのTeam T+AC。この日も一人として欠ける無く集合時間に到着。

昨日、寿司屋で豪遊していた庭野会長の遅刻が心配されていましたが、
さすがは会長。睡眠時間が4時間弱でも約束は守る男です♪

まずはハセツネのスタート会場となる五日市小学校周辺へ。

ここではまず昨年、14時間で完走した隊長からのありがたいお言葉(説明)をもらい、
P1050130


早速スタートです!
P1050138


「ハセツネ30K」でお馴染みの道を通り、

P1050142


いよいよ山道に入ります。
P1050146



前を走るはタローさんと坂本軍曹~!

P1050151


二日酔とは思えない軽快な走りの会長~!
皆さん、出だしは順調です♪

P1050154







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






P1050177

さて、しばらくロードを走って目の前の今熊神社に入ると、いよいよトレイルラン本番です。



それにしても隊長と軍曹はすごい!

2週間前100kmのトレイルレースを完走したばかりだというのにご覧の通り元気いっぱい☆

P1050187




しばらくの間はこんな感じの登りが続きます。

P1050198


P1050201


これがけっこうツライのです。。。

それでもナゼかがんばれる

それはこういった素敵な景色が広がるからでしょう♪

P1050204



登った後は下って・・・

P1050219


P1050223


↑ 写真は新メンバーの大塚さん。

彼はフルマラソンを3時間10分弱で走る猛者!
ですが、この日は軍曹達と出た2週間前の100kmトレイルの疲れが抜けていないようで、
ややしんどそうです。。。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






P1050226


ここは左へ行くと「ハセツネ30k」、右上に行けば「ハセツネ」コースという運命の分かれ道です。
私達は・・・・もちろん「ハセツネ」コース

しばらくは登りが続きます。

P1050232


P1050237


P1050254



うーーーん・・・キツイ!!!


P1050259





こういう下りはサイコーなんですけどね。。。

P1050274


ちょっと下ってはいっぱい登り。ちょっと下っては登り・・・。
疲れます。。。

P1050279







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





進むこと3時間。
雲行きが怪しくなってきました。

この時点で約13km・・・。

思ったよりもペースが悪く、このままでは目標の槙寄山は難しいと隊長の判断。

行けるところまで行こうと、走りを再開してしばらくするとアクシデント発生!!!


庭野会長が下りでバランスを崩し、目の前の大木に激突......。


数メートル離れていても聞こえる大きな打撃音がしたので、かなり心配です。。。
幸い大事に至らなかったのですが、左目に大きな傷跡が。
とりあえず冷却シートで応急処置をして

P1050325


う、、、、痛々しいですね。。。


ちなみにコレが、

P1050280

* ↑ 会長にケンカを売った勇敢な木です。



さらに、この辺りから本格的などしゃ降りになってきたので、
コースを変更して浅間峠でエスケープすることに。


登るのも・・・

P1050284



下るのも・・・

P1050289


P1050290


P1050291


滑りやすくなっているので一苦労です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





P1050304


熊倉山まで来ると、雨はやんでごらんの通りの晴天に。
やはり山の天気は変わりやすい。油断禁物ですね。

P1050318


ここら辺までくればあと少しで浅間峠です。

P1050323



「さぁ!いくぞ!!」


誰が言ったか言わないか・・・そんな雰囲気...。


ここからは下りが続くので快適です。

P1050329


P1050332


P1050333


P1050336



そして・・・・

P1050362


ハセツネの第一関門である「浅間峠」に到着!!

P1050367


ここからはひたすら下りを2kmほど。

P1050376


P1050386



そして...


P1050399



ゴーーール!!!!!



当初、35kmを予定していた試走もいろいろなトラブルがあり、
結局、22kmちょっとに変更。
でも予定ではあと2回は試走を考えているので、なんとかなると思います。...たぶん。。。

Teamでのトレイルはやっぱり楽しい☆
そんな気持ちを思い出させてくれた貴重な1日でした。

それでは皆さま、また来月☆


院長

****************************************
アルプスを越えろ!  激走100マイル―― 世界一過酷なトレイルランアルプスを越えろ! 激走100マイル―― 世界一過酷なトレイルラン [単行本]
著者:鏑木 毅
出版:新潮社
(2013-03-18)

****************************************

役職変更のお知らせ

2013年5月22日

先日、池袋の大人気イタリアン



オステリアサンテ



にて、Team AC定例会が開かれました。

そこで議題にあがったチームの役職についてですが、

大きな変化があったのでこの場を借りてご紹介いたします。



*******************************************************

30

*******************************************************


また、新リーダー就任に伴い

チーム名が・・・


「Team AC」


から



「Team T+AC」



に変更され、ロゴも新しくなりました。


TeamAC-Logo




もちろん、「T」とは



新リーダーに就任した



竹田先生「T」です。




というわけで、心機一転した

「Team T+AC」

をこれからもよろしくお願いします。


なお、新しいロゴが入ったグッズもあります。


こちらは


「T-Shirts Trinity」


にて好評発売中です。


個人的には

product_img_f_4442705


このトレーナー


product_img_f_4442631



こちらのTシャツを欲しいなぁ。と思っています。



院長


****************************************
レッツ!トレイルラン vol.3 トレイルランをもっと楽しもう鏑木毅が伝授する坂道攻略法 (B・B MOOK 914)レッツ!トレイルラン vol.3 トレイルランをもっと楽しもう鏑木毅が伝授する坂道攻略法 (B・B MOOK 914) [ムック]
出版:ベースボール・マガジン社
(2013-05-01)

****************************************

陣馬山へGO!! ~初心者講習会編~

2013年5月 1日

20130429


皆さまこんにちはー。院長です。


先週末は我らがTeamAC隊長軍曹が、

日本最高峰のトレイルレース、


UTMF(Ultra-Trail Mt. FUJI)


ハーフ版(といっても82km・・・)である


STY(Shizuoka to Yamanashi)


に出場し、大奮闘の中、


ゆるゆるランナーの教官ことワタクシは、


だらだらトレイルラン


第1回TeamAC トレイルラン初心者講習会
』(長・・・。)


なるものを開催いたしました。


きっかけは、今年から大学付属クリニックのインターンとなるため

皆から惜しまれつつスパケアの受付を引退した石井サン


その彼女が、TeamACに加わった記念会です。


ちなみに記念すべき第1回ですが

おそらく2回目はない
ものと・・・。


まぁ、そんなことはさておき、

今回はその模様をいつものブログ形式でご紹介したいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月29日7:20 相模湖駅へ到着。


心配されていた天気もまったく問題なしの快晴

朝6時の電車に乗り込み、予定通り7:20に相模湖駅へ到着


今回の主役である石井サン予定通り到着


あとは・・・



本日の先導者であり、TeamACの切り込み隊長である、

タケちゃんこと竹田先生


・・・・・・待ち。。



今朝方、彼から一本の電話が。




「あっ、代表!おはようさんです♪ 

すみませ~~ん。

間に合わないッス!(笑)

いや~二度寝してしまって・・・。(爆)」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




というわけで、待つこと35分

タケちゃん登場。


さっそく出発です。

相模湖駅から歩くこと数百メートル先にある入口前へ。


まずはいつもの体操から・・

68572_10151563772687192_2094614553_n


これ、かっこわるいんですけど、

股関節の柔軟性UP大腰筋を刺激する作用の他、

状態を伸ばして腕フリがしやすくなる効果あり。

という素晴らしいストレッチなのです。


さっそく、メンバー全員で・・・・

P1040915


P1040916



タケちゃんも加わり・・・




P1040917


P1040920


ん??


P1040919




P1040918



よ・・・



P1040922


P1040921


P1040923



一人だけ違う動きしすぎ・・・。




さて、気を取り直して出発です。


P1040925



今回、石井サンの教育係に抜擢されたタケちゃん。

いつもより、ちょこっとお兄ちゃん風です。
(ほんとは彼女の方が・・・失礼。)



P1040927



これに、約1年半ぶりのトレイルランになるワタクシの妻も加わり・・

まさに初心者講習会の名にふさわしい顔ぶれです。


P1040930


まずは、神社でお参りをして、

さぁ、陣馬山を目指して突入です。


しばらく山を登った後・・・

P1040950


P1040976



明王峠へ向かう道の途中は平坦 or 下り道なので、

スピード出して走れますね。


P1040969


トレイルは初めての石井サン。

一所懸命タケちゃんの後を追いかけます。

P1040961


同じく、トレイルは久しぶりの妻もこのとおり。

P1050025


時折、野生児に戻り、獲物を追いかけるように駆け抜けます。


P1040988


順調に走る事1時間・・・・・・

明王峠へ到着!




さすがはGWです。

P1050006


普段は開いたところをみたことがない

茶屋が開いているではありませんか。


しかも、中では天ぷらを揚げています。


『山菜天ぷら350円』


に惹かれて一皿購入。

さっそく皆でごちそうに。


photo






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





しばし休憩の後、1.5km先の陣馬山山頂を目指し再出発です。


P1050002


ここでも女の子には気づかいあふれるタケちゃん。



P1050019


P1050011


走る事、約30分

目的地の陣馬山山頂到着

P1050039



しばし談笑中・・・・


P1050040


ここでも珍しく『信玄茶屋』が開いています。


P1050045



山頂ではGWらしい鯉のぼりが・・。

photo (1)


photo (2)



そして、定番の・・・





P1050041

☆記念写真☆


皆さんいい表情です♪





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





さて、休むこと数十分。

さぁ、ここからがお楽しみの下りコースです。

藤野駅まで約4kmのスペシャルコースです。


P1050057


人だかりの中を下ること十数分・・・・・・



ここでトラブル発生!!



石井サンの右膝が調子悪いようです。。。


実は彼女・・昨日10kmレースに出場

その際、普段履き慣れないトレイル用の靴で走った影響か、

今朝から右膝内側に違和感を覚えていたそうです。


山頂までは登りが多いので、騙しだましで大丈夫でしたが、

下りが続いた途端、

とうとう走るのが困難なほど痛みが強くなってしましました。。。


膝の痛み・・・私も経験があるので辛さはよーくわかります。



たぶん原因はこうです。



普段はNB minimus(ミニマス)を愛用する彼女。

急にクッション性の高い靴を履いてしまったため、

足首や足裏は守られますが、ブレが生じるため膝に負担が掛かるようになったのでしょう。



P1050052


とりあえず、タケちゃんと一緒に応急処置です。


筋膜リリース、そしてその後にテーピングを貼ります。

P1050063


P1050077


調節後、2kmほどは下りも問題無く走れましたが、

炎症があるため、やはり同じ部位が痛むよう・・・・。


あと1㎞ちょっとですが、大事を取ってここからは歩くことにします。

ちょっと残念ですけど、

またリベンジすればいいことですし。


それにしても、この季節の陣馬山・・・・

P1050095


P1050085


新緑が萌えていてとても綺麗ですね。


よくよく考えてみたら、初めて歩いて下った陣馬山

石井サンのおかげで、綺麗な新緑が楽しめたので、

これは幸運だったのかもしれませんね。


P1050106



そして新緑を楽しみながら下山終了~♪


ここから駅までの2kmはゆっくり走ります。

P1050113



無事、藤野駅へ到着。


これで、


相模湖駅~陣馬山~藤野駅


約12.3kmのトレイルランは終了~!


帰りは『東尾垂の湯』で食事と入浴を楽しみ、

仲良くみんなで帰宅。


ほんといい季節に走れて幸せでした☆

こういう軽いトレイルランもたまにはいいですね。



院長

****************************************
RUN+TRAIL vol.3 トレイルランガイド2013 旅ランのススメ (SAN-EI MOOK)RUN+TRAIL vol.3 トレイルランガイド2013 旅ランのススメ (SAN-EI MOOK) [ムック]
出版:三栄書房
(2013-02-21)

****************************************

トレイルラン エントリー

2013年4月24日


こんにちは! 幸せ研究家・機能神経学専門医の和田です。

さて、今年のトライアスロンの大会参加を目標にちょこちょことトレーニングを続けてきましたが、やはり自転車の練習の場所を確保するのがなかなか難しいなと感じていました。ただ乗れれば良いと考えれば場所はどこでも良いのですが、欧米の自転車フレンドリーで自然豊かな町と比べてしまうと自分の住まい付近は排気ガスや安全性という意味でやはり.... 辛いものがありました。

そんな中、かなり熱心にトレイルランをされている患者さん達が所属するチームのご紹介をうけ、とても興味が湧いていました。患者さんのチームは、今週のUTMFという富士山周辺160kmもの超耐久レースを走ります。なんとも超人的な方々ですが、走る姿勢や情熱、仲間意識にはすばらしいものを感じていました。そういったオーラに感化されてしまい、ついに僕もチームにいれてもらうことに... 早速当日にFacebookでお誘いをいただき、サイトに飛ぶと「TeamROD」という名前が。ROD?何だろう?と良く見てみると、「Run or Die」と書いてあります... 

これはいわゆる外資系コンサルティングファームや投資銀行系の中で言われる「Up or Out」(昇進するか、さもなくば去れ)的な翻訳をすると、「走れ、さもなけば死ね!」という感じになるでしょうか" もっと優しい感じで表現すると、「走りましょう、でも走らないなら死にましょう」ですかね..  なんだか、高校時代に所属した軍隊サッカー部の消し去りたい辛い記憶が蘇ってきます。。(本当に死ぬかと思う瞬間が多々ありました。。。)

まぁ、この「Run or Die」というのは、「走ること=生きること」という意味と勝手に捉えることにしてチームの仲間に入れていただくことになりました!そして、またまた早速リーダーから初心者向けの大会エントリー情報をいただくことに。エントリー開始は...本日21:00!先程まで柴田院長と表参道スタッフ男4人で和気あいあいと渋谷で会食していたために、既に23:00過ぎ!果たして間に合うのだろうか?と急いでエントリー手続きを済ませると、ギリギリ間に合ったようです!!

という慌ただしい流れでしたが、走らないと大変なことになってしまう、最悪殺されてしまう可能性がありますので、なんとか大会エントリーに間に合って本当に安堵しました。ちなみに、大会名は「ROCKIN BEAR モントレイル黒姫トレイルランニングレース」で、7月20日に開催される23kmのコースです。果たして完走できるでしょうか?完走できないと大変なめに遭うのでしょうか?

そんな不安もありますが、先程Facebook上でRODの皆さんに自己紹介のご挨拶をしたところ、多くのメンバーの方から優しく暖かいお声をかけていきただきました!何だか急に走る仲間が増えたようでうれしくなりました:)

さてさて長くなりましたが、このような理由から、一先ずトライアスロンの大会は置いて、先にトレイルランの大会に参加することになりました。このブログでも大会に向けての報告をさせていただきます。

Run or Dieについてのサイト:

http://mountain-ma.com/rambler/


****************************************
Run or DieRun or Die [ペーパーバック]
著者:Kilian Jornet
出版:Velopress
(2013-07)

****************************************

ページの先頭へ

ホーム
スパイナルケアについて
スパイナルケアのコンセプト
提携医療機関
推薦状
メニュー/料金
初めての方へ
プラン紹介・施術の流れ
姿勢分析(バイオトニックス)
カイロプラクティック
カイロプラクティックとは?
産前産後のお母さんへ
ART
FAKTR
アクティブリハビリテーション
高気圧酸素カプセル
アライメント・エルゴノミクス
サポート
料金表
スタッフ紹介
治療院情報
スパイナルケア 用賀院
スパイナルケア 桜新町院
イーク丸の内
カイロプラクティック外来
スパイナルケア 目黒 IZUMI
カイロプラクティック
スパイナルケア 浅草
カイロプラクティックセンター
スパイナルケア シリコンバレー
Health Integration Chiropractic
よくある質問
患者様の声
予約・お問い合わせ
ニュース
症例報告
スパイナル ケア BLOG
会社情報
English
プライバシーポリシー
サイトマップ
モバイル用QRコード
Copyrignt © 2006-2017 Spinal Care. All rights reserved.